日本語ドメインの終焉?

日本語ドメインの終焉?今回は「日本語ドメイン」について書いてみることにします。

まず、ドメインとは、ホームページなどで使うアドレス(URL)の部分で http://www.~以下の部分です。例えば、今見ていただいているホームページのアドレスは http://www.tactical-media.net ですので、「tactical-media.net」がドメインにあたります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

日本語ドメインとは、読んで字の如しで、ドメインの部分が日本語、例えば http://www.中小企業.jp というURLだった場合、「中小企業.jp」がドメインで日本語なので日本語ドメインと呼ばれます。

では、本題に入りましょう。

実は2年ほど前、日本語ドメインを使うとSEO上高い効果が出ていました。

スポンサーリンク

例えば、「東京整体.com」という日本語ドメインだと、「東京 整体」というキーワードで検索順位を上げる効果がありました。
ということで、上記の整体だけでなく、アフィリエイターも、士業も、一般の法人も我先にと日本語ドメインが巷にあふれていました。

その後、時は過ぎ、今から1年ほど前から徐々に日本語ドメインの効果が薄くなってきました。日本語ドメインをアフィリエイターが多用したことで、売り込み専用の内容が薄い日本語ドメインのホームページが増えたからかもしれません。

最初は日本語ドメインに設置したホームページをGoogleが認識するスピードが遅くなったり、SEOの効果が出る時期が通常の英語&ローマ字のドメイン(以下、通常のドメインと言います)より遅くなったりという感じでしたが、次第に日本語ドメインにおけるSEO効果のアドバンテージが通常のドメインに比べて体感できなくなり、さらに検索上位にあった日本語ドメインのサイトが徐々に少なくなっていきました。

そして現在では、どちらかというと通常ドメインの方が日本語ドメインのよりSEO効果は若干高いのではないかと思います。

たまたま知り合いの方から、「日本語ドメインはSEO上有利だと出入りのIT業者から言われた」と聞いたので今回記事にしてみました。
これから取るドメインは、通常のドメインにしておくことをおススメします。

スポンサーリンク

本日のおすすめ記事はこちら

ランチェスター戦略から学ぶ

  1. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    一騎打ち〜ランチェスター戦略 ランチェスター戦略において弱者が強者を打ち破る方法の一つとされる…
  2. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    接近戦〜ランチェスター戦略 ランチェスター戦略は強者にも弱者にも当てはまる汎用性の高い戦略です…
  3. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    局地戦〜ランチェスター戦略 ビジネスで成功したいという思いは、ビジネスマンであれば誰でも抱いて…
  4. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    ランチェスター戦略とは ほとんどの産業においては、数社のトップ企業がシェアのほとんどを分け合い…

戦いの勝因敗因から学ぶ

  1. アウステルリッツの戦い|勝因・敗因
    アウステルリッツの戦い ナポレオン軍の勝因 アウステルリッツの戦いとは、1805年12月2日に…
  2. ゲティスバーグの戦い|勝因・敗因
    ゲティスバーグの戦い 南軍の敗因 ゲティスバーグの戦いとは、1836年7月1日から7月3日にか…
  3. 官渡の戦い|勝因・敗因
    官渡の戦い 袁紹軍の敗因 官渡の戦いは、西暦200年の三国時代に起こった圧倒的な大軍を抱える袁…
  4. 奉天会戦|勝因・敗因
    奉天会戦 ロシア軍の敗因 奉天会戦は、日露戦争における最後の会戦です。中国の奉天(現在の瀋陽)…
  5. 鳥羽伏見の戦い|勝因・敗因
    鳥羽伏見の戦い 新政府軍の勝因 鳥羽伏見の戦いは、慶応4年、明治元年に開始された旧幕府勢力の終…

孫子の兵法から学ぶ

  1. 孫子の兵法
    勝つべからざる者は守なり 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵法書で…
  2. 孫子の兵法
    善く戦うものは、勝ち易きに勝つ者なり 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書…
  3. 孫子の兵法
    百戦百勝は善の善なるものに非ず 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵…
  4. 孫子の兵法
    彼を知り己を知れば百戦危うからず 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた…
  5. 孫子の兵法
    孫子の七計 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵法書です。 そ…
ページ上部へ戻る