朝三暮四(ちょうさんぼし)

故事成語

朝三暮四(ちょうさんぼし)

朝三暮四(ちょうさんぼし)

古来より、人は自らの教訓を言葉で残し、偉人たちの行動や名言を「故事成語」として伝えてきました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

その中から、時を超えて現代においても、人生に様々な示唆を与えてくれる「故事成語」を独断と偏見で選んでみました。きっとビジネスだけでなく、人生においても参考になるでしょう。

今回選んだのは、

「朝三暮四(ちょうさんぼし)」

という中国の古書「荘子」から伝わる故事成語です。

スポンサーリンク

「朝三暮四(ちょうさんぼし)」とは

「朝三暮四」とは、

目の前の相違にとらわれて、結果が同じになることに気づかないこと。または、言葉巧みに人を騙すこと。

という意味です。よく似た言葉に「朝令暮改」という言葉がありますが、全く違う意味になるので注意しましょう。

荘子(荘周)は「老荘思想」と言われるように、老子と並んで道教の始祖とされる人物です。

荘子の中の「若に芧を与たうるに、朝に三にして暮に四にせん、足たるか、と。衆狙皆な起ちて怒る。俄かにして曰わく、若に芧を与たうるに、朝に四にして暮に三にせん、足るか、と。衆狙皆伏ふして喜べり」という言葉が「朝三暮四」の由来です。

これを現代語に訳すと「お前たちにトチの実をあげるのに、朝に3つ・夕方に4つにするがどうか?と言ったところ皆立ち上がって怒った。そこで、朝に4つ・夕方に3つにしようと言うと皆たいそう喜んだ」という内容になります。

世の中には、言葉巧みに人を騙したり、相手の力をタダ同然で借りようとする人がいます。経営者など物事に決定権を持つビジネスマンの場合は特に、しっかりと人を見る目を養いたいところです。

今回は、「朝三暮四」という故事成語をご紹介しました。偉人たちの人生が凝縮された故事成語や名言・格言から学んで、自分たちの人生に活かせるといいですね。

人生に役立つ言葉を見てみよう・・・

役立つ用語集「故事成語・ことわざ」を見てみる

スポンサーリンク

本日のおすすめ記事はこちら

ランチェスター戦略から学ぶ

  1. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    ランチェスター戦略とは ほとんどの産業においては、数社のトップ企業がシェアのほとんどを分け合い…
  2. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    弱者の戦略〜ランチェスター戦略 経営戦略や事業戦略を策定する場合には、自社の立場や強み弱みを認…
  3. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    局地戦〜ランチェスター戦略 ビジネスで成功したいという思いは、ビジネスマンであれば誰でも抱いて…
  4. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    ランチェスターの第一法則 ランチェスターの第一法則とは一騎打ちの法則とも呼ばれるものであり、最…

戦いの勝因敗因から学ぶ

  1. 井陘の戦い(せいけいの戦い)|韓信の勝因と趙軍の敗因
    井陘の戦い(せいけいの戦い)勝因と敗因 井陘の戦い(せいけいの戦い)とは、紀元前204年10月…
  2. 奉天会戦|勝因・敗因
    奉天会戦 ロシア軍の敗因 奉天会戦は、日露戦争における最後の会戦です。中国の奉天(現在の瀋陽)…
  3. 姉川の戦い|織田信長の勝因と浅井氏朝倉氏の敗因
    姉川の戦い 勝因と敗因 1570年に起きた姉川の戦いでは、織田信長、徳川家康の連合軍が、浅井長…
  4. 官渡の戦い|勝因・敗因
    官渡の戦い 袁紹軍の敗因 官渡の戦いは、西暦200年の三国時代に起こった圧倒的な大軍を抱える袁…
  5. 奉天会戦|勝因・敗因
    奉天会戦 日本軍の勝因 奉天会戦は日露戦争における最後であり最大の会戦です。 大日本帝国…

孫子の兵法から学ぶ

  1. 孫子の兵法
    善く戦うものは、勝ち易きに勝つ者なり 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書…
  2. 孫子の兵法
    兵は拙速を聞くも、未だ功の久しきをみざる 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武…
  3. 孫子の兵法
    孫子の五事 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵法書です。 そ…
  4. 孫子の兵法
    百戦百勝は善の善なるものに非ず 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵…
  5. 孫子の兵法
    勝兵は鎰を以て銖を称るがごとく 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵…
ページ上部へ戻る