故事成語

木で鼻をくくる

木で鼻をくくる

古来より、人は自らの教訓を言葉で残し、古人の知恵や経験を「故事成語・ことわざ」として現代に伝えてきました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

その中から、時を超えて、人生に様々な示唆を与えてくれる「故事成語・ことわざ」を独断と偏見で選んでみました。きっとビジネスだけでなく、人生においても参考になるでしょう。

今回選んだのは、

木で鼻をくくる

ということわざです。

スポンサーリンク

「木で鼻をくくる」とは

「木で鼻をくくる」とは、
冷淡にあしらったり、無愛想な態度で対応すること」を意味します。

「木で鼻をくくる」の「くくる」とは、こするという意味の「こくる」が変化したもので、木で鼻をこすっても、しっくりこないことから、上記のような意味で使われるようになりました。

ビジネスにおいて「木で鼻をくくる」という言葉を考えるなら、お客様をはじめとした社外の人への対応がピッタリきます。

私自身、多くの会社とお付き合いがありますが、売上に繋がる繋がらないに関わらず、またその金額の大小に関わらず、変わらぬ対応ができることは非常に難しいことのように思います。

安い商品を購入いただいたお客様だからといって、「木で鼻をくくる」ような対応をしていると、リピート客は生まれず、高価な商品を購入してくれる方もなかなか出てきません。

効率的に稼ごうとお客様を遠別せず、小さなビジネスを地道に積み上げていってこそ、息の長い“商売”を作る秘訣なのかもしれません。

 

人生に役立つ言葉を見てみよう・・・

役立つ用語集「故事成語・ことわざ」を見てみる

スポンサーリンク

本日のおすすめ記事はこちら

ランチェスター戦略から学ぶ

  1. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    接近戦〜ランチェスター戦略 ランチェスター戦略は強者にも弱者にも当てはまる汎用性の高い戦略です…
  2. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    ランチェスターの第一法則 ランチェスターの第一法則とは一騎打ちの法則とも呼ばれるものであり、最…
  3. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    局地戦〜ランチェスター戦略 ビジネスで成功したいという思いは、ビジネスマンであれば誰でも抱いて…
  4. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    弱者の戦略〜ランチェスター戦略 経営戦略や事業戦略を策定する場合には、自社の立場や強み弱みを認…

戦いの勝因敗因から学ぶ

  1. 姉川の戦い|織田信長の勝因と浅井氏朝倉氏の敗因
    姉川の戦い 勝因と敗因 1570年に起きた姉川の戦いでは、織田信長、徳川家康の連合軍が、浅井長…
  2. 三方ヶ原の戦い|高田信玄の勝因と織田・徳川軍の敗因
    三方ヶ原の戦い 徳川・織田軍の敗因 三方ヶ原の戦いとは、1573年に遠江国(現在の静岡県)で起…
  3. マラトンの戦い
    マラトンの戦い ギリシャ連合軍の勝因 今を遡ること2500年以上前、紀元前490年9月12日。…
  4. 鳥羽伏見の戦い|勝因・敗因
    鳥羽伏見の戦い 旧幕府軍の敗因 鳥羽伏見の戦いとは、新政府軍が勝利して、旧幕府軍が敗退すること…
  5. 西南戦争|勝因・敗因
    西南戦争 西郷隆盛の敗因 西南戦争とは、1877年に薩摩士族が起こした大規模な反乱です。薩摩士…

孫子の兵法から学ぶ

  1. 孫子の兵法
    勝つべからざる者は守なり 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵法書で…
  2. 孫子の兵法
    上兵は謀を伐つ 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵法書です。 …
  3. 孫子の兵法
    兵は拙速を聞くも、未だ功の久しきをみざる 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武…
  4. 孫子の兵法
    勝兵は鎰を以て銖を称るがごとく 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵…
  5. 孫子の兵法
    算多きは勝ち、算少なきは勝たず 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵…
ページ上部へ戻る