木崎原の戦い|島津軍の勝因

木崎原の戦い|勝因・敗因

木崎原の戦い|島津軍の勝因

木崎原の戦い 島津軍の勝因

木崎原の戦いは、1572年6月14日に南九州で起きた島津氏と伊東氏の間の戦いです。1/10の兵力の島津軍が勝ったことから、“九州の桶狭間”とも言われる戦いです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

そこで今回は、この木崎原の戦いにおける島津軍の勝因について考えてみることにします。

木崎原の戦い

木崎原の戦いでは、約3000名の兵力を擁して侵攻してきた伊東軍に対して、わずか300名の島津軍が伊東軍を巧妙におびき出し、伏兵を有効に使った戦術で応戦し、総大将であった伊東祐安以下、主だった武将を打ち取りました。

勝ったとはいえ、島津軍も、この木崎原の戦いで兵力の八割を失うという大打撃をこうむっています。普通の戦闘では兵の三割も失えば兵は統率を失い、戦闘は出来なくなり敗走するしかないと言われています。八割を失ったということは、通常なら惨敗となる戦いですが、最後まで統制の取れた戦いをし、伊東軍の総大将を打ち取り敗走させたのですから、木崎原の戦いは島津氏の勝利と言ってよいでしょう。

スポンサーリンク

実際、木崎原の戦いの後、島津氏は勢力を大きく拡大したのに対して、伊東氏は衰退していきます。

木崎原の戦いの島津軍の勝因とは

木崎原の戦いでの島津軍の勝因について考えてみると、島津軍の鉄のような結束島津義弘の巧妙な戦術が挙げられます。

木崎原の戦いでは兵の大部分を失ってすら、兵は士気を失うことなく統率されていたことは前述した通りですが、この鉄壁の統率力は島津軍の伝統のようで、後の関ヶ原での“薩摩の退き口”といわれる撤退戦でも見られることになります。

関ヶ原の戦いでは、西軍の敗北が確定して、西軍の兵がどんどんと討たれて混乱している中で、薩摩の島津兵だけは整然と統制されており、東軍本隊の目の前を疾走して退却するという離れ業を演じることとなりました。このとき、島津の兵は“すてがまり”という、特攻戦術で大将である島津義弘を守りながら撤退を成し遂げています。

そのようなことが出来る島津軍の鉄の結束が、この木崎原の戦いでも発揮されたわけですが、全軍が崩壊寸前の危機的な状況でも戦闘できる兵を伝統的に育成してきたということが、木崎原の戦いでの島津軍の勝因となったと言えるでしょう。

また、自軍が戦いやすい場所に戦場を設定し、伊東軍をおびき出した島津義弘の戦術も勝因の一つです。島津軍は、圧倒的少数の兵力にもかかわらず、部隊を4つに割き、後背と側面、退却予定の場所に伏兵を配置しました。

これは島津氏のお家芸の「釣り野伏せ」と言われる戦法で、釣りに使う囮のように、正面の本隊がわざと敗走することで、敵の追い討ちを誘って伏兵が待ち構える場所におびき出し、混乱した敵を包囲殲滅する戦法になります。

木崎原の戦いで行われた決戦では、数に勝る伊東軍が本隊同士の戦いにおいて島津義弘を討ち取る手前までいったようですが、一歩及ばず、後背・側面から奇襲を受け混乱に陥り、退却中に伏兵により総大将の伊東祐安が討たれ、一気に戦線が崩壊してしまいました。

伊東軍も戦国最強とも言われる島津軍に壊滅的な損害を与えているわけですから、決して弱い軍ではありませんでした。強兵であった伊東軍の十倍する兵力に対して、真っ向から決戦を挑み勝利した木崎原の戦いでの島津義弘の戦いぶりは、本家の「桶狭間の戦い」以上に「小が大を制した」事例かもしれません。

“少数精鋭”は大半の場合、圧倒的に大きな組織に敗れてしまいますが、一人一人でも戦える強固な組織を作り鍛え上げることで勝つことができるということを、木崎原の戦いは示唆してくれています。

日本・世界の主要な戦いの勝因・敗因がここに・・・

次は「戦いの勝因・敗因一覧」を見てみる

スポンサーリンク

本日のおすすめ記事はこちら

ランチェスター戦略から学ぶ

  1. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    ランチェスター戦略とは ほとんどの産業においては、数社のトップ企業がシェアのほとんどを分け合い…
  2. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    局地戦〜ランチェスター戦略 ビジネスで成功したいという思いは、ビジネスマンであれば誰でも抱いて…
  3. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    一騎打ち〜ランチェスター戦略 ランチェスター戦略において弱者が強者を打ち破る方法の一つとされる…
  4. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    弱者の戦略〜ランチェスター戦略 経営戦略や事業戦略を策定する場合には、自社の立場や強み弱みを認…

戦いの勝因敗因から学ぶ

  1. 木崎原の戦い|勝因・敗因
    木崎原の戦い 島津軍の勝因 木崎原の戦いは、1572年6月14日に南九州で起きた島津氏と伊東氏…
  2. トラファルガーの海戦|イギリス海軍の勝因とフランス・スペイン連合艦隊の敗因
    トラファルガーの海戦 スペイン・フランス連合艦隊の敗因 トラファルガーの海戦は、1805年にス…
  3. 三方ヶ原の戦い|高田信玄の勝因と織田・徳川軍の敗因
    三方ヶ原の戦い 徳川・織田軍の敗因 三方ヶ原の戦いとは、1573年に遠江国(現在の静岡県)で起…
  4. アウステルリッツの戦い|勝因・敗因
    アウステルリッツの戦い ナポレオン軍の勝因 アウステルリッツの戦いとは、1805年12月2日に…
  5. ゲティスバーグの戦い|勝因・敗因
    ゲティスバーグの戦い 北軍の勝因 ゲティスバーグの戦いとは、1836年7月1日から7月3日に起…

孫子の兵法から学ぶ

  1. 孫子の兵法
    算多きは勝ち、算少なきは勝たず 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵…
  2. 孫子の兵法
    孫子の七計 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵法書です。 そ…
  3. 孫子の兵法
    善く戦うものは、勝ち易きに勝つ者なり 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書…
  4. 孫子の兵法
    勝つべからざる者は守なり 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵法書で…
  5. 孫子の兵法
    百戦百勝は善の善なるものに非ず 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵…
ページ上部へ戻る