桶狭間の戦い|今川義元の敗因

桶狭間の戦い|勝因・敗因

桶狭間の戦い|今川義元の敗因桶狭間の戦いで今川軍が負けたのは、「今川義元の油断」と長らく言われてきました。ですが、最近ではその通説も変わりつつあり、桶狭間の戦いでの今川義元の敗因は「織田信長の馬周りといわれる親衛隊が強かったこと」、「天候が味方したこと」などの説が有力となっています。

今川義元はこの桶狭間の戦いで敗れたことで戦いに弱い武将と思われがちですが、武田信玄や北条氏康と渡り合い、その中で、今川氏の最盛期を作り上げた優秀な大大名でした。

今川義元は「海道一の弓取り」と呼ばれ、次の天下をとる人物とも言われていたほどの人ですから、いかに当時の尾張国が“弱小”だったとしても油断するとは思えません。実際に、桶狭間の戦いの前哨戦で、今川義元軍は抜け駆けをしてきた織田軍を完膚なきまでに叩きのめしています。

この勝利に満足して今川義元は唄を唄ったという記録があり、これが義元油断説の根拠ともされているのですが、戦に勝って大将が唄を唄うことで油断とは言えません。前哨戦で叩いた織田軍は抜け駆けの部隊であったことは十分に承知をしていたことでしょうから、さらに防備を固めるように指示をしていたと考えられます。

何しろ敵地にあって、実際に敵も攻めてきているわけですから、一度や二度叩いたぐらいで油断をするようなことはないでしょう。今川義元は京に上る為に大軍を率いてきているわけですから、軍勢を有効に配置することを考えていたのではないでしょうか。

にもかかわらず、今川義元は織田信長に敗れてしまいます。では、今川義元の桶狭間の戦いでの敗因は何だったのでしょうか?

今川義元の敗因とは、端的に言うなら、彼の想像を上回る強さを織田軍が持っていたということでしょう。織田信長は自分の親衛隊を鍛え、優秀なプロの戦闘集団に仕立てていました。これが奇襲という形で一気に今川軍に攻め掛かり、今川義元の予想を超えた働きをしたのでしょう。

スポンサーリンク

今川義元にとっては織田軍の抜け駆けの部隊を破った時点で、織田軍の評価について自分の考えが正しかったことを確信していたはずです。ですから、前哨戦以降も特に防備を強化するようなことはせずに、そのままの状況を維持することにしました。

ですが、抜け駆けの隊というのは、血気盛んな織田信長軍のあぶれ者の集団であって、統率された織田信長本隊の軍の強さとは比較にならないことを今川義元は知りませんでした。ちなみに、この抜け駆けの部隊には信長の怒りをかって追放されていた若き頃の前田利家もいて、今川の兵幾人かの首をとって信長に差し出したものの、怒りを解くことは出来ず、追放処分のまま追い出されています。

休息していた時に降った突然の豪雨の中、奇襲を受けたことで今川軍が混乱していたということはあったかもしれません。ただ、雨は当然両方の軍に降りかかりますし、足元がぬかるんでいたということも、両軍についていえることです。一方的にどちらかが不利になるというわけではありません。

休息中に奇襲を掛けるという好機を得て、戦に勝つことを期待していた織田信長でしょうが、桶狭間の戦いで勝利できても、まさか大将首がとれるとは当の信長本人も予想していなかったかもしれません。今川義元を討ち取ることが出来たというのは、本当に幸運だったと言えそうです。

日本・世界の主要な戦いの勝因・敗因がここに・・・

次は「戦いの勝因・敗因一覧」を見てみる

スポンサーリンク

ランチェスター戦略から学ぶ

  1. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    ビジネスで成功したいという思いは、ビジネスマンであれば誰でも抱いていることでしょう。しかし思いだけで…
  2. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    ランチェスター戦略において弱者が強者を打ち破る方法の一つとされるのが「一騎打ち」です。 ランチ…
  3. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    ほとんどの産業においては、数社のトップ企業がシェアのほとんどを分け合い、残りのシェアを多くの中小企業…
  4. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    ランチェスター戦略は強者にも弱者にも当てはまる汎用性の高い戦略です。 弱者ならばランチェスター…

戦いの勝因敗因から学ぶ

  1. ゲティスバーグの戦い|勝因・敗因
    ゲティスバーグの戦いとは、1836年7月1日から7月3日にかけて、現在のアメリカ合衆国ペンシルベニア…
  2. 赤壁の戦い|勝因・敗因
    赤壁の戦いは中国の後漢末期、いわゆる“三国志時代”に起きた戦いです。 魏の曹操が率いる大軍に対…
  3. 官渡の戦い|勝因・敗因
    官渡の戦いは、中国の三国志の時代、曹操軍と袁紹軍が戦った戦いです。この戦では兵力的に大きく劣っていた…
  4. トラファルガーの海戦|イギリス海軍の勝因とフランス・スペイン連合艦隊の敗因
    トラファルガーの海戦は、1805年にスペインのトラファルガー岬沖で行われた海戦です。 この当時…
  5. アウステルリッツの戦い|勝因・敗因
    アウステルリッツの戦いとは、1805年12月2日にオーストリア領(現チェコ領)モラヴィアにある、ブル…

孫子の兵法から学ぶ

  1. 孫子の兵法
    「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵法書です。 その中から、今回は孫…
  2. 孫子の兵法
    「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵法書です。 その中から、今回は孫…
  3. 孫子の兵法
    「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵法書です。 その中から、今回は孫…
  4. 孫子の兵法
    「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵法書です。 その中から、今回は孫…
  5. 孫子の兵法
    「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵法書です。 その中から、今回は孫…
ページ上部へ戻る