源実朝 最後の言葉〜辞世の句

辞世の句 最後の言葉

源実朝 最後の言葉〜辞世の句「辞世の句」とは、人が死の間際に詠む漢詩・和歌・俳句などのことです。自分の人生を振り返り、この世に最後に残す言葉として、様々な教訓を私たちに与えてくれるといって良いでしょう。

古来より数えきれない辞世の句が残されてきましたが、今回は、源実朝の最後の言葉として源実朝の辞世の句を紹介してみることにします。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

源実朝の最後

源実朝は、鎌倉幕府を開いた源頼朝の四男で、鎌倉幕府の第三代の征夷大将軍です。歌人としても知られる源実朝ですが、1219年2月13日、兄である第二代将軍 源頼家の子であった甥の公暁により鶴岡八幡宮で暗殺され、将軍としての源氏は断絶、鎌倉幕府は北条家により実質的に支配されることになりました。享年26歳の若さでした。

そんな源実朝の辞世の句と言われているのが以下の句です。

源実朝 辞世の句

「出でいなば 主なき宿と なりぬとも 軒端の梅よ 春を忘るな」

現代文に訳すなら、「この先もし主人である私に何かがあっても、軒端に咲いている梅よ、どうか春を忘れずに花を咲かせてくれ。」といったところでしょうか。

スポンサーリンク

この短歌は暗殺される当日に詠んだ歌と言われています。武家として初の右大臣昇任を祝う八幡宮の拝賀の日だったにもかかわらず、何やら死を予感していたかのような内容となっています。源氏の棟梁として、後見を受けていた北条氏からの独り立ちを目指そうとした実朝には、周囲のきな臭さが見えていたのかもしれません。

源実朝が死を前にした時、彼の頭の中を去来したのはなんだったのでしょう。この源実朝の最後の言葉である辞世の句は、皆さんの心にどう響きましたか?

偉人の最後の言葉を見てみよう・・・

偉人の「辞世の句」を見てみる

スポンサーリンク

本日のおすすめ記事はこちら

ランチェスター戦略から学ぶ

  1. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    局地戦〜ランチェスター戦略 ビジネスで成功したいという思いは、ビジネスマンであれば誰でも抱いて…
  2. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    ランチェスター戦略とは ほとんどの産業においては、数社のトップ企業がシェアのほとんどを分け合い…
  3. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    接近戦〜ランチェスター戦略 ランチェスター戦略は強者にも弱者にも当てはまる汎用性の高い戦略です…
  4. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    一騎打ち〜ランチェスター戦略 ランチェスター戦略において弱者が強者を打ち破る方法の一つとされる…

戦いの勝因敗因から学ぶ

  1. 第二次長州征伐|長州藩の勝因と幕府軍の敗因
    第二次長州征伐 長州藩の勝因 第二次長州征伐とは、徳川幕府が長州藩の討伐に乗り出した江戸時代後…
  2. トラファルガーの海戦|イギリス海軍の勝因とフランス・スペイン連合艦隊の敗因
    トラファルガーの海戦 スペイン・フランス連合艦隊の敗因 トラファルガーの海戦は、1805年にス…
  3. ゲティスバーグの戦い|勝因・敗因
    ゲティスバーグの戦い 北軍の勝因 ゲティスバーグの戦いとは、1836年7月1日から7月3日に起…
  4. 三方ヶ原の戦い|高田信玄の勝因と織田・徳川軍の敗因
    三方ヶ原の戦い 徳川・織田軍の敗因 三方ヶ原の戦いとは、1573年に遠江国(現在の静岡県)で起…
  5. マラトンの戦い|ギリシャ軍の勝因とペルシャ軍の敗因
    マラトンの戦い ギリシャ連合軍の勝因 今を遡ること2500年以上前、紀元前490年9月12日。…

孫子の兵法から学ぶ

  1. 孫子の兵法
    勝兵は鎰を以て銖を称るがごとく 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵…
  2. 孫子の兵法
    上兵は謀を伐つ 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵法書です。 …
  3. 孫子の兵法
    風林火山 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵法書です。 その…
  4. 孫子の兵法
    算多きは勝ち、算少なきは勝たず 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵…
  5. 孫子の兵法
    勝つべからざる者は守なり 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵法書で…
ページ上部へ戻る