火星15とは〜北朝鮮ICBMミサイル

北朝鮮ミサイル,火星12,火星14,火星15

火星15とは〜北朝鮮ICBMミサイル

「火星15」とは?

火星15とは、北朝鮮が開発したとされるICBM(大陸間弾道ミサイル)です。

火星15は、同じく ICBM である火星14の改良型とされています。
火星15は、大型の核弾頭が装着でき、アメリカ本土全域への攻撃が可能な ICBM と言われており、2017年11月28日に日本海に向けて初めて発射されました。

この時の「火星15」は、平壌郊外から発射され、これまでの北朝鮮ミサイルでは最高となる高度 4,475kmまで上昇、53分間で 950km飛行しました。

表)火星14・火星15と思われるICBMミサイルの高度と到達距離

発射日 飛行高度 飛行距離 飛行時間
2017年7月4日
火星14
2,802km 933km 39分
2017年7月28日
火星14
3,725km 998km 47分
2017年11月28日
火星15
4,475km 950km 53分

表を見てわかる通り、北朝鮮のICBMミサイル技術は回を追って進歩していることがわかります。

「火星15」の能力

火星15に搭載される新開発の液体燃料エンジンは、旧ソ連の「RD250」の改良型のようで、ベースとなったエンジンはロシアもしくはウクライナから調達したと見られています。火星15の能力は、飛行高度と飛行時間から考えて、通常軌道なら 13,000km以上でアメリカ本土を射程に収めると予想されています。

今後、核兵器の小型化に成功すると、直接のアメリカの脅威につながることから、今後、核兵器開発の進捗が大きなポイントになりそうです。

スポンサーリンク

ランチェスター戦略から学ぶ

  1. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    ランチェスターの第一法則 ランチェスターの第一法則とは一騎打ちの法則とも呼ばれるものであり、最…
  2. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    一騎打ち〜ランチェスター戦略 ランチェスター戦略において弱者が強者を打ち破る方法の一つとされる…
  3. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    接近戦〜ランチェスター戦略 ランチェスター戦略は強者にも弱者にも当てはまる汎用性の高い戦略です…
  4. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    ランチェスター戦略とは ほとんどの産業においては、数社のトップ企業がシェアのほとんどを分け合い…

戦いの勝因敗因から学ぶ

  1. 姉川の戦い|織田信長の勝因と浅井氏朝倉氏の敗因
    姉川の戦い 勝因と敗因 1570年に起きた姉川の戦いでは、織田信長、徳川家康の連合軍が、浅井長…
  2. 奉天会戦|勝因・敗因
    奉天会戦 ロシア軍の敗因 奉天会戦は、日露戦争における最後の会戦です。中国の奉天(現在の瀋陽)…
  3. 奉天会戦|勝因・敗因
    奉天会戦 日本軍の勝因 奉天会戦は日露戦争における最後であり最大の会戦です。 大日本帝国…
  4. 木崎原の戦い
    木崎原の戦い 島津軍の勝因 木崎原の戦いは、1572年6月14日に南九州で起きた島津氏と伊東氏…
  5. 井陘の戦い(せいけいの戦い)|韓信の勝因と趙軍の敗因
    井陘の戦い(せいけいの戦い)勝因と敗因 井陘の戦い(せいけいの戦い)とは、紀元前204年10月…

孫子の兵法から学ぶ

  1. 孫子の兵法
    風林火山 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵法書です。 その…
  2. 孫子の兵法
    兵は拙速を聞くも、未だ功の久しきをみざる 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武…
  3. 孫子の兵法
    上兵は謀を伐つ 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵法書です。 …
  4. 孫子の兵法
    戦いは正を以って合い、奇を以って勝つ 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書…
  5. 孫子の兵法
    算多きは勝ち、算少なきは勝たず 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵…
ページ上部へ戻る