士業

特別目的会社とは?

特別目的会社とは

特別目的会社とは、企業にある資産を証券化することで資金調達することを目的として設立した会社のことをいいます。特別目的会社の英語の頭文字をとって「SPC」とも呼ばれています。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

特別目的会社は資産を保有することを目的とするため、経営をするわけではなく、倒産することがないように運営されます。設立場所は会社の設立費用や税制で優遇されているケイマン、バミューダ、バージン諸島などの海外に設立することが多いです。

企業に債券、不動産などの資産がある場合、特別目的会社を設立して、それらの資産を譲渡します。そして、特別目的会社が保有する資産を担保として、株式や債券を発行することで、企業の資金調達を行います。

企業の資産を譲渡することで、バランスシートの資産から切り離すことができます。それによって、資産価値の変動による一時的な損益と本業による損益を分けることができます。また、企業の資産を効率よく資金調達に利用できることから、資金調達コストの削減を図ることができます。

スポンサーリンク

日本では資産を流動化するための仕組みを定めた法律に「SPC法」があります。SPC法に則った特別目的会社のことを「特定目的会社」と呼ばれており、特別目的会社と区別されています。

特別目的会社は企業の資産を効率よく資金調達に利用できるメリットがありますが、それがデメリットになることもあります。資金調達が容易にできることはレバレッジが上げやすくなるということです。レバレッジが上がることは企業の借入金額が増えることになります。

特別目的会社が保有する資産は債権や不動産などです。債権や不動産の価値は経済状況によって大きく変動します。もし、世界的な金融危機が起これば、倒産する企業も増えるため、債権の価値がなくなったり、不動産価格が暴落する可能性が高くなります。そうなると、それらの資産を売却しても、借入金額を返済することはできないので、資金繰りが困難になる危険性をはらんでいます。

このように、特別目的会社はデメリットもありますが、レバレッジを考慮した経営をすれば、問題はありません。

スポンサーリンク

本日のおすすめ記事はこちら

ランチェスター戦略から学ぶ

  1. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    ランチェスターの第一法則 ランチェスターの第一法則とは一騎打ちの法則とも呼ばれるものであり、最…
  2. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    一騎打ち〜ランチェスター戦略 ランチェスター戦略において弱者が強者を打ち破る方法の一つとされる…
  3. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    弱者の戦略〜ランチェスター戦略 経営戦略や事業戦略を策定する場合には、自社の立場や強み弱みを認…
  4. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    局地戦〜ランチェスター戦略 ビジネスで成功したいという思いは、ビジネスマンであれば誰でも抱いて…

戦いの勝因敗因から学ぶ

  1. アウステルリッツの戦い|勝因・敗因
    アウステルリッツの戦い ナポレオン軍の勝因 アウステルリッツの戦いとは、1805年12月2日に…
  2. 井陘の戦い(せいけいの戦い)|韓信の勝因と趙軍の敗因
    井陘の戦い(せいけいの戦い)勝因と敗因 井陘の戦い(せいけいの戦い)とは、紀元前204年10月…
  3. 奉天会戦|勝因・敗因
    奉天会戦 ロシア軍の敗因 奉天会戦は、日露戦争における最後の会戦です。中国の奉天(現在の瀋陽)…
  4. ゲティスバーグの戦い|勝因・敗因
    ゲティスバーグの戦い 南軍の敗因 ゲティスバーグの戦いとは、1836年7月1日から7月3日にか…
  5. トラファルガーの海戦|イギリス海軍の勝因とフランス・スペイン連合艦隊の敗因
    トラファルガーの海戦 スペイン・フランス連合艦隊の敗因 トラファルガーの海戦は、1805年にス…

孫子の兵法から学ぶ

  1. 孫子の兵法
    兵は拙速を聞くも、未だ功の久しきをみざる 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武…
  2. 孫子の兵法
    善く戦うものは、勝ち易きに勝つ者なり 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書…
  3. 孫子の兵法
    上兵は謀を伐つ 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵法書です。 …
  4. 孫子の兵法
    百戦百勝は善の善なるものに非ず 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵…
  5. 孫子の兵法
    戦いは正を以って合い、奇を以って勝つ 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書…
ページ上部へ戻る