百戦百勝は善の善なるものに非ず|孫子の兵法

孫子の兵法

百戦百勝は善の善なるものに非ず|孫子の兵法

百戦百勝は善の善なるものに非ず

「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵法書です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

その中から、今回は孫子にある「百戦百勝は善の善なるものに非ず」という有名な言葉を見てみることにしましょう。

およそ兵を用うるの法は、国を全うするを上となし、国を破るはこれに次ぐ。
軍を全うするを上となし、軍を破るはこれに次ぐ。

(中略)
百戦百勝は善の善なるものに非ず。
戦わずして人の兵を屈するは善の善なるものなり。

が「百戦百勝は善の善なるものに非ず」のくだりですが、現代語訳にすると、

スポンサーリンク
戦争をするとき、相手の国を痛めつけず降伏させるのが上策で、戦で破って降伏させるのは次善の策である。また、相手の軍隊も同様で、痛めつけず降伏させるのが上策で、戦で破って降伏させるのは次善の策である。百戦百勝は実は最善ではない。戦わないで敵を屈服させることが最善である。

という意味になります。

「百戦百勝」と聞くと最強のように感じますが、戦いの結果、降伏させた相手の国力が低下するだけではなく、自国の犠牲も生じます。勝利に見合った体力(国力)が得られないまま“勝ち”を続けていっても、いずれ体力的な“飽和点”に達してしまいます。そして、“飽和点”に達した時、百戦負け知らずでも、101戦目は敗れてしまうことになるのです。

“勝ち”に見合った体力を得て拡大していくことで「善の善なるもの」となります。「戦い」はあくまで手段であって目的ではありませんから、勢力拡大には「戦い」ありきではなく、いかに自分の力を損なうことなく、他者を従えていけるかの知恵を絞るべきでしょう。

孫子の兵法から勝ち方を学ぼう・・・

次は「孫子の兵法 一覧」を見てみる

スポンサーリンク

本日のおすすめ記事はこちら

ランチェスター戦略から学ぶ

  1. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    ランチェスターの第一法則 ランチェスターの第一法則とは一騎打ちの法則とも呼ばれるものであり、最…
  2. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    ランチェスター戦略とは ほとんどの産業においては、数社のトップ企業がシェアのほとんどを分け合い…
  3. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    一騎打ち〜ランチェスター戦略 ランチェスター戦略において弱者が強者を打ち破る方法の一つとされる…
  4. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    弱者の戦略〜ランチェスター戦略 経営戦略や事業戦略を策定する場合には、自社の立場や強み弱みを認…

戦いの勝因敗因から学ぶ

  1. 三方ヶ原の戦い|高田信玄の勝因と織田・徳川軍の敗因
    三方ヶ原の戦い 徳川・織田軍の敗因 三方ヶ原の戦いとは、1573年に遠江国(現在の静岡県)で起…
  2. 木崎原の戦い|勝因・敗因
    木崎原の戦い 島津軍の勝因 木崎原の戦いは、1572年6月14日に南九州で起きた島津氏と伊東氏…
  3. 奉天会戦|勝因・敗因
    奉天会戦 ロシア軍の敗因 奉天会戦は、日露戦争における最後の会戦です。中国の奉天(現在の瀋陽)…
  4. アウステルリッツの戦い|勝因・敗因
    アウステルリッツの戦い ナポレオン軍の勝因 アウステルリッツの戦いとは、1805年12月2日に…
  5. 第二次長州征伐|長州藩の勝因と幕府軍の敗因
    第二次長州征伐 長州藩の勝因 第二次長州征伐とは、徳川幕府が長州藩の討伐に乗り出した江戸時代後…

孫子の兵法から学ぶ

  1. 孫子の兵法
    算多きは勝ち、算少なきは勝たず 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵…
  2. 孫子の兵法
    風林火山 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵法書です。 その…
  3. 孫子の兵法
    善く戦うものは、勝ち易きに勝つ者なり 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書…
  4. 孫子の兵法
    兵は拙速を聞くも、未だ功の久しきをみざる 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武…
  5. 孫子の兵法
    孫子の五事 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵法書です。 そ…
ページ上部へ戻る