直帰率の標準値直帰率とは、ホームページの訪問者の内、ホームページを閲覧せずに帰ってしまった人の率を指し、Googleアナリティクスなどのアクセス解析ツールを導入することで測定できます。

ホームページの訪問者は数秒間でそのホームページが自分の探していた情報が得られるページか判断しています。直帰率が高ければ、ホームページが訪問者の期待に添えなかったことを意味しますので、直帰率の高低は集客に直接影響し、ホームページ自体の良し悪しを測る重要な数値の一つです。

一般的には、ホームページ自体が完結で見やすい、あるいはアクセスする際に入力したキーワードやキーワードの検索結果とホームページの内容がマッチしていると直帰率は低くなり、訪問者はしっかりとホームページを閲覧してくれます。当然、しっかりとホームページを閲覧してくれれば、お問い合わせ率(CV率:コンバージョン率)も高くなってきます。

そんな直帰率ですが、業種によって多少の上下はあるものの、60%程度であればほぼ合格点と言って良いでしょう。逆に70%を超える数値だと赤信号となります。

合格点の場合は問題ありませんが、赤信号の場合は、ホームページのコンテンツを見直す、リスティング広告(PPC広告)などを行っている場合はキーワード設定や広告文を見直すことをおすすめします。ホームページのコンテンツを見直す際は、単なる会社案内や商品・サービスの売り込みに終わらず、訪問者が欲しがっていると思われる内容を織り込むようにすると良いでしょう。

参考までに直帰率を突き詰めていくとどれくらいまで数値を下げることができるかと言うと、例えば、我々が制作したホームページで統計を取ったことがありますが、直帰率の平均値は48%、最も直帰率が低いホームページは25%となっています。

さすがに40%を下回る直帰率のホームページは少ないですが、決して目指せない数値ではありません。皆さんも是非頑張ってみてください。

スポンサーリンク

ランチェスター戦略から学ぶ

  1. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    ランチェスター戦略とは ほとんどの産業においては、数社のトップ企業がシェアのほとんどを分け合い…
  2. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    弱者の戦略〜ランチェスター戦略 経営戦略や事業戦略を策定する場合には、自社の立場や強み弱みを認…
  3. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    接近戦〜ランチェスター戦略 ランチェスター戦略は強者にも弱者にも当てはまる汎用性の高い戦略です…
  4. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    ランチェスターの第一法則 ランチェスターの第一法則とは一騎打ちの法則とも呼ばれるものであり、最…

戦いの勝因敗因から学ぶ

  1. ゲティスバーグの戦い|勝因・敗因
    ゲティスバーグの戦い 南軍の敗因 ゲティスバーグの戦いとは、1836年7月1日から7月3日にか…
  2. 奉天会戦|勝因・敗因
    奉天会戦 日本軍の勝因 奉天会戦は日露戦争における最後であり最大の会戦です。 大日本帝国…
  3. 西南戦争|勝因・敗因
    西南戦争 西郷隆盛の敗因 西南戦争とは、1877年に薩摩士族が起こした大規模な反乱です。薩摩士…
  4. 井陘の戦い(せいけいの戦い)|韓信の勝因と趙軍の敗因
    井陘の戦い(せいけいの戦い)勝因と敗因 井陘の戦い(せいけいの戦い)とは、紀元前204年10月…
  5. 鳥羽伏見の戦い|勝因・敗因
    鳥羽伏見の戦い 旧幕府軍の敗因 鳥羽伏見の戦いとは、新政府軍が勝利して、旧幕府軍が敗退すること…

孫子の兵法から学ぶ

  1. 孫子の兵法
    孫子の五事 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵法書です。 そ…
  2. 孫子の兵法
    上兵は謀を伐つ 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵法書です。 …
  3. 孫子の兵法
    兵は拙速を聞くも、未だ功の久しきをみざる 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武…
  4. 孫子の兵法
    勝兵は鎰を以て銖を称るがごとく 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵…
  5. 孫子の兵法
    勝つべからざる者は守なり 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵法書で…
ページ上部へ戻る