経営者が投資すべきは自らの事業

経営者が投資すべきは自らの事業私も経営者の端くれですが、世の中には色々な経営者がいます。
先日、ある会社の集客担当の方からご相談を受けました。お話を聞いてみると、「本業の集客の方は比較的順調に推移しているが、会社として見た時に収支としては赤字になっているので、もっと集客を増やしていきたい。でも、会社の資金上もかなり逼迫しているのでコストはほとんど掛けられない」とのことでした。

集客が順調に推移しているにもかかわらず、収支が赤字になっている理由を伺うと、「オーナー社長が株を中心とするいくつかの投資に手を出していて、それらの投資がここにきて大きなマイナスになっている」とのことでした。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ご存知の通り、世界の景気の不透明感から日本の株式市場の相場は弱くなってきていますので、ここのところ、本業の利益を投資のマイナスが大きく上回ってしまっているようで、実際、色々なところへの仕入れや代金の支払いが滞り、会社の事業運営に支障が出てしまっていました。

これでは、いくら本業の集客を伸ばしたところで、砂漠に水をあげているようなものです。問題は集客の手法や運用にはないわけですから、経営者が本業以外の投資を止めて、原点である自分の仕事に向き合っていかなければ解決はしません。
折角お時間をいただきましたが、根本的な解決法は見出せず、現在の集客のやり方を若干アレンジするアドバイスをするのが精一杯でした。

この例のように、本業とは全く関係ない事業や投資に手を出している経営者をよく見かけます。
私のところにも、その手の投資のお話がよく来ますが、全てお断りします。経営者である以上、自らの事業への投資が最優先だと考えるからです。自らの事業に投資し、事業を拡大することでリターンを得るのが経営者です。もし、ヒト・モノ・カネといった余ったリソースがあったとしても、門外漢の領域に足を突っ込んで、本業の片手間に投資をするよりも、自らがプロとして熟知した領域に投資するべきでしょう。

スポンサーリンク

ヒト・モノ・カネを投じて、事業ノウハウを日々向上させていかなければ、今は良かったとしても、いずれ同業他社に置いていかれて、いずれジリ貧に陥ってしまうでしょう。「経営者が投資すべきは自らの事業である」ということを経営者は肝に銘じていくべきだと思います。

スポンサーリンク

本日のおすすめ記事はこちら

ランチェスター戦略から学ぶ

  1. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    局地戦〜ランチェスター戦略 ビジネスで成功したいという思いは、ビジネスマンであれば誰でも抱いて…
  2. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    一騎打ち〜ランチェスター戦略 ランチェスター戦略において弱者が強者を打ち破る方法の一つとされる…
  3. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    弱者の戦略〜ランチェスター戦略 経営戦略や事業戦略を策定する場合には、自社の立場や強み弱みを認…
  4. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    接近戦〜ランチェスター戦略 ランチェスター戦略は強者にも弱者にも当てはまる汎用性の高い戦略です…

戦いの勝因敗因から学ぶ

  1. ゲティスバーグの戦い|勝因・敗因
    ゲティスバーグの戦い 南軍の敗因 ゲティスバーグの戦いとは、1836年7月1日から7月3日にか…
  2. 関ヶ原の戦い|勝因・敗因
    関ヶ原の戦い 東軍の勝因 関ヶ原の戦いとは、1600年10月21日に現在の岐阜県関ヶ原町で行わ…
  3. 奉天会戦|勝因・敗因
    奉天会戦 日本軍の勝因 奉天会戦は日露戦争における最後であり最大の会戦です。 大日本帝国…
  4. 奉天会戦|勝因・敗因
    奉天会戦 ロシア軍の敗因 奉天会戦は、日露戦争における最後の会戦です。中国の奉天(現在の瀋陽)…
  5. アウステルリッツの戦い|勝因・敗因
    アウステルリッツの戦い ナポレオン軍の勝因 アウステルリッツの戦いとは、1805年12月2日に…

孫子の兵法から学ぶ

  1. 孫子の兵法
    勝兵は鎰を以て銖を称るがごとく 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵…
  2. 孫子の兵法
    算多きは勝ち、算少なきは勝たず 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵…
  3. 孫子の兵法
    孫子の七計 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵法書です。 そ…
  4. 孫子の兵法
    風林火山 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵法書です。 その…
  5. 孫子の兵法
    孫子の五事 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵法書です。 そ…
ページ上部へ戻る