故事成語

股を割いて腹に充たす

股を割いて腹に充たす

古来より、人は自らの教訓を言葉で残し、古人の知恵や経験を「故事成語・ことわざ」として現代に伝えてきました。

その中から、時を超えて、人生に様々な示唆を与えてくれる「故事成語・ことわざ」を独断と偏見で選んでみました。きっとビジネスだけでなく、人生においても参考になるでしょう。

今回選んだのは、

「股を割いて腹に充たす」

という中国の古書「貞観政要」が出典の故事成語です。

「股を割いて腹に充たす」とは

「股を割いて腹に充たす」とは、
自分の股の肉を切り取って食べて満腹になっても自身は滅びてしまうというたとえから「一時しのぎで利益を得ることは、かえって身を滅ぼすことになる」という意味で使われます。

「股を割いて腹に充たす」とよく似た話は、現代のビジネスでもあります。

長期間に渡って成功している人は、お客様を大切にしてお客様のニーズにどう応えるかを考えながら日々精進しますが、ビジネスが上手くいかない人は、自社の商品やサービスを買っていただいているお客様への視点が欠けがちで、目先の利益に流されてしまいます。

私自身、起業支援の一環で多くの起業家とお話ししますが、「自分が何を為すために起業したのか?」「自分がお客様に商品やサービスを提供しようとする目的は何なのか?」のがいつの間にか変質して、自己の利益だけを追求してしまっている人を時々見かけます。そして、そういう人は一時的な成功を得ることはあっても、いずれは非常に厳しい経営状態に追い込まれてしまいます。

三方良し」という近江商人が大切にした言葉があります。

三方良しとは「売り手良し、買い手良し、世間良し」という三つの「良し」のことを指しますが、経営者は「股を割いて腹に充たす」ように自分の目先の利益だけを追うのではなく、どうやったら売り手と買い手が満足して社会貢献もできるのかについて知恵を絞っていくべきだと言えるでしょう。

 

人生に役立つ言葉を見てみよう・・・

役立つ用語集「故事成語・ことわざ」を見てみる

スポンサーリンク

ランチェスター戦略から学ぶ

  1. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    接近戦〜ランチェスター戦略 ランチェスター戦略は強者にも弱者にも当てはまる汎用性の高い戦略です…
  2. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    局地戦〜ランチェスター戦略 ビジネスで成功したいという思いは、ビジネスマンであれば誰でも抱いて…
  3. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    ランチェスターの第一法則 ランチェスターの第一法則とは一騎打ちの法則とも呼ばれるものであり、最…
  4. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    一騎打ち〜ランチェスター戦略 ランチェスター戦略において弱者が強者を打ち破る方法の一つとされる…

戦いの勝因敗因から学ぶ

  1. 西南戦争|勝因・敗因
    西南戦争 西郷隆盛の敗因 西南戦争とは、1877年に薩摩士族が起こした大規模な反乱です。薩摩士…
  2. 鳥羽伏見の戦い|勝因・敗因
    鳥羽伏見の戦い 新政府軍の勝因 鳥羽伏見の戦いは、慶応4年、明治元年に開始された旧幕府勢力の終…
  3. 木崎原の戦い
    木崎原の戦い 島津軍の勝因 木崎原の戦いは、1572年6月14日に南九州で起きた島津氏と伊東氏…
  4. 官渡の戦い|勝因・敗因
    官渡の戦い 曹操軍の勝因 官渡の戦いは、西暦2006年、有名な「三国志」の時代に曹操軍と袁紹軍…
  5. 鳥羽伏見の戦い|勝因・敗因
    鳥羽伏見の戦い 旧幕府軍の敗因 鳥羽伏見の戦いとは、新政府軍が勝利して、旧幕府軍が敗退すること…

孫子の兵法から学ぶ

  1. 孫子の兵法
    百戦百勝は善の善なるものに非ず 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵…
  2. 孫子の兵法
    彼を知り己を知れば百戦危うからず 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた…
  3. 孫子の兵法
    兵は拙速を聞くも、未だ功の久しきをみざる 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武…
  4. 孫子の兵法
    孫子の五事 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵法書です。 そ…
  5. 孫子の兵法
    算多きは勝ち、算少なきは勝たず 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵…
ページ上部へ戻る