脚踏実地(きゃくとうじっち)

故事成語

脚踏実地(きゃくとうじっち)

脚踏実地(きゃくとうじっち)

古来より、人は自らの教訓を言葉で残し、古人の知恵や経験を「故事成語・ことわざ」として現代に伝えてきました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

その中から、時を超えて、人生に様々な示唆を与えてくれる「故事成語・ことわざ」を独断と偏見で選んでみました。きっとビジネスだけでなく、人生においても参考になるでしょう。

今回選んだのは、

脚踏実地(きゃくとうじっち)

ということわざです。

スポンサーリンク

「脚踏実地(きゃくとうじっち)」とは

「脚踏実地(きゃくとうじっち)」とは、
足が地に付いて、危なげがなくしっかりしているさま。または、仕事ぶりが堅実で真面目なこと」を指します。

「脚踏実地」といえば、私の本業の Webマーケティングの世界でも、結果を出して成功する人は、やるべきことを地道で真面目に長期間にわたって続けることができる人です。

例えば、ブログ集客もその一つです。

ネット集客では、サイトコンテンツの量(ページ数)が増えれば増えるほど、サイトアクセスが増える傾向があり、集客に繋がりやすくなります。そういった意味では、ブログ集客でも地道に投稿記事を増やしていくことが大切ですが、本格的に集客をしていくなら10ページや20ページ増やせば良いというものではなく、2〜5年掛かって増やす程度(数百〜千以上)の膨大なページ数が必要になってきます。

毎日1ページ記事を投稿して1年間続けるのもかなり大変ですが、それだけではまだまだ集客にはつながらず、さらに辛抱して1〜2年、毎日記事更新を続けていって、ようやく集客の入り口が見えてきます。

このようにビジネスにおいては、一足飛びの結果を求めるのではなく、地に足をつけて地道に仕事をしていくことこそ成功への「近道」だと言えるでしょう。

 

人生に役立つ言葉を見てみよう・・・

役立つ用語集「故事成語・ことわざ」を見てみる

スポンサーリンク

本日のおすすめ記事はこちら

ランチェスター戦略から学ぶ

  1. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    局地戦〜ランチェスター戦略 ビジネスで成功したいという思いは、ビジネスマンであれば誰でも抱いて…
  2. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    弱者の戦略〜ランチェスター戦略 経営戦略や事業戦略を策定する場合には、自社の立場や強み弱みを認…
  3. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    一騎打ち〜ランチェスター戦略 ランチェスター戦略において弱者が強者を打ち破る方法の一つとされる…
  4. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    ランチェスターの第一法則 ランチェスターの第一法則とは一騎打ちの法則とも呼ばれるものであり、最…

戦いの勝因敗因から学ぶ

  1. 鳥羽伏見の戦い|勝因・敗因
    鳥羽伏見の戦い 旧幕府軍の敗因 鳥羽伏見の戦いとは、新政府軍が勝利して、旧幕府軍が敗退すること…
  2. 井陘の戦い(せいけいの戦い)|韓信の勝因と趙軍の敗因
    井陘の戦い(せいけいの戦い)勝因と敗因 井陘の戦い(せいけいの戦い)とは、紀元前204年10月…
  3. 姉川の戦い|織田信長の勝因と浅井氏朝倉氏の敗因
    姉川の戦い 勝因と敗因 1570年に起きた姉川の戦いでは、織田信長、徳川家康の連合軍が、浅井長…
  4. 桶狭間の戦い|勝因・敗因
    桶狭間の戦い 今川義元の敗因 桶狭間の戦いは、1560年6月12日に行われた今川義元軍と織田信…
  5. 鳥羽伏見の戦い|勝因・敗因
    鳥羽伏見の戦い 新政府軍の勝因 鳥羽伏見の戦いは、慶応4年、明治元年に開始された旧幕府勢力の終…

孫子の兵法から学ぶ

  1. 孫子の兵法
    戦いは正を以って合い、奇を以って勝つ 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書…
  2. 孫子の兵法
    善く戦うものは、勝ち易きに勝つ者なり 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書…
  3. 孫子の兵法
    勝兵は鎰を以て銖を称るがごとく 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵…
  4. 孫子の兵法
    兵は拙速を聞くも、未だ功の久しきをみざる 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武…
  5. 孫子の兵法
    彼を知り己を知れば百戦危うからず 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた…
ページ上部へ戻る