菅野完氏が性的暴行で敗訴

菅野完氏が性的暴行で敗訴

菅野完氏が性的暴行で敗訴

2012年7月 菅野完氏の市民活動に共感した女性に対し、女性宅でベッドの上に押さえ込み、キスをしようとしたり、性的欲望を伝えてくるなどの性的暴行を働いたとして、損害賠償を求める訴えの判決が2017年8月8日、東京地裁でありました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

この裁判は、2015年12月に被害女性が菅野完氏に対して、性的暴行による損害賠償 200万円の支払いを求めたものですが、東京地裁は、被害女性の訴えを認め、菅野完氏に110万円の支払いを命じる判決を下しました。

菅野完氏は、事件後、自らが行なった性的暴行について、被害女性に謝罪文を書いていましたが、裁判では一転して「性的暴行と評価されるようなものではない」と反論し、週刊誌などに「性的暴行事件」が掲載され、社会的な制裁を受けているとして、被害者の「損害額は、5万円を超えることはない」と慰謝料の減額を求めていました。

しかし、今回の裁判で東京地裁の天川博義裁判官は「女性の陳述書に不自然な点はなく、菅野完氏側は何ら反証をしていない」と指摘し、減額の主張も「証拠がない」と退けました。

スポンサーリンク

菅野完氏といえば、森友学園問題で詐欺罪で逮捕された籠池夫妻の代理人のように振舞っていた著述家ですが、マスコミの前で弱者の代理人のように振る舞いながら、一方で、自らの市民活動に共感する女性に対して性的暴行を加えていたことになります。

菅野完氏は、一連の森友学園問題ではジャーナリストとして活動しており、マスコミは彼の一挙手一投足の注目していたわけですが、菅野完氏は、人のことを追求して人前に出て得意顔で発言を行う前に、自らの過去の行動を反省して、裁判を和解に終わらせる努力をまずはすべきだったのではないでしょうか。

そして、罪を犯した籠池夫妻、菅野完氏をまるで「正義の代弁者」のように扱い、政権批判を展開したマスコミは大いに反省すべきなのですが、こういった人たちが正しく見える現状では、マスコミに「事実にたどり着いて報道する」ことを期待するのは難しいかもしれません。

スポンサーリンク

本日のおすすめ記事はこちら

ランチェスター戦略から学ぶ

  1. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    ランチェスター戦略とは ほとんどの産業においては、数社のトップ企業がシェアのほとんどを分け合い…
  2. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    接近戦〜ランチェスター戦略 ランチェスター戦略は強者にも弱者にも当てはまる汎用性の高い戦略です…
  3. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    弱者の戦略〜ランチェスター戦略 経営戦略や事業戦略を策定する場合には、自社の立場や強み弱みを認…
  4. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    局地戦〜ランチェスター戦略 ビジネスで成功したいという思いは、ビジネスマンであれば誰でも抱いて…

戦いの勝因敗因から学ぶ

  1. トラファルガーの海戦|イギリス海軍の勝因とフランス・スペイン連合艦隊の敗因
    トラファルガーの海戦 スペイン・フランス連合艦隊の敗因 トラファルガーの海戦は、1805年にス…
  2. 官渡の戦い|勝因・敗因
    官渡の戦い 曹操軍の勝因 官渡の戦いは、西暦2006年、有名な「三国志」の時代に曹操軍と袁紹軍…
  3. 第二次長州征伐|長州藩の勝因と幕府軍の敗因
    第二次長州征伐 長州藩の勝因 第二次長州征伐とは、徳川幕府が長州藩の討伐に乗り出した江戸時代後…
  4. 三方ヶ原の戦い|高田信玄の勝因と織田・徳川軍の敗因
    三方ヶ原の戦い 徳川・織田軍の敗因 三方ヶ原の戦いとは、1573年に遠江国(現在の静岡県)で起…
  5. 関ヶ原の戦い|勝因・敗因
    関ヶ原の戦い 東軍の勝因 関ヶ原の戦いとは、1600年10月21日に現在の岐阜県関ヶ原町で行わ…

孫子の兵法から学ぶ

  1. 孫子の兵法
    上兵は謀を伐つ 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵法書です。 …
  2. 孫子の兵法
    兵は拙速を聞くも、未だ功の久しきをみざる 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武…
  3. 孫子の兵法
    孫子の七計 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵法書です。 そ…
  4. 孫子の兵法
    算多きは勝ち、算少なきは勝たず 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵…
  5. 孫子の兵法
    彼を知り己を知れば百戦危うからず 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた…
ページ上部へ戻る