関ヶ原の戦い|東軍の勝因

関ヶ原の戦い|勝因・敗因

関ヶ原の戦い|東軍の勝因関ヶ原の戦いにおける東軍の勝因とは、基本的には前哨戦の部分を含めて考えることで、理解しやすいでしょう。

大名の勢力関係を見る場合においては、西軍の勢力も非常に大きいもので、豊臣恩顧の大名たちの存在も無視できない状況になっていました。徳川家康は西軍の勢力を詳細に分析しながら、何とかして野戦に持ち込むための策略を練っていました。

大坂城などが戦いの場として選ばれる場合には、東軍にとっては明らかに不利になる可能性もあったのです。前哨戦の段階から壮絶な心理戦が繰り広げられ、石田三成が徳川家康の挑発に乗ってしまったことは、敗因の一つとして考えられることです。

関ヶ原の戦いは、徳川家康による会津征伐を口実にする形で、石田三成の挙兵を促すための目的があったという説もあります。会津の上杉景勝に謀反の疑いがあることを察知して、豊臣秀頼への忠誠を誓うために、会津征伐を実行した徳川家康は相当な策士です。一方で、石田三成は頭の良い武将ではありますが、徳川家康の老練な罠を十分に察知することができずに、関ヶ原へと引き寄せられてしまったのです。戦上手の豊臣秀吉のように、このときには家康の策略を見抜いていれば、もっと有効な戦略を見い出せた可能性はあります。

関ヶ原の戦いが勃発した時点では、石田三成は徳川家康の策略に乗せられた形になっていましたが、客観的に見れば西軍のほうが有利な状況でした。このような状況においては、家臣による裏切りなどが発生しなければ、西軍の勝利は確実な状況でした。基本的な陣形図を見ると、東軍の軍勢は西軍から取り囲まれるような状況になっていたため、挟撃に対しては非常に弱い状態になってました。しかしながら、西軍側には混乱もあり、士気が十分とは言えない状況でした。さらには、東軍の勝利を握る重要人物が控えていたのです。

スポンサーリンク

南側にある松尾山という丘陵には、小早川秀秋の軍勢が控えていたのですが、関ヶ原の戦いが始まってからは傍観を続けていました。松尾山が位置している場所は、どちらの軍勢にとっても脅威になる場所で、ここから突撃されると非常に厄介な状況だったのです。徳川家康にとっても、小早川秀秋の軍勢が松尾山を駆け下る場合には、西軍の主力と合わせる形で、挟み撃ちにされる危険性がありました。

西軍の石田三成にとっても、小早川秀秋の動向から目が離せない状況でした。ところが、実際のところは、徳川家康と小早川秀秋は内通していて、西軍を裏切ることは約束済みだったと言われています。南宮山に着陣していた毛利秀元の軍勢に対しても、吉川広家を通じる形で兵を動かさないための密約がありました。しかし、これらの密約は確実に実行されるという確信が得られなかったために、徳川家康は何度も使者を送って催促をしながら、極度の緊張状態に置かれていたのです。

結果的には小早川秀秋が寝返ったために、西軍の主力部隊は総崩れの状況になり、東軍の一方的な大勝利で関ヶ原の戦いが終了しましたが、事前の調略が関ヶ原の戦いで東軍を勝利に導いた勝因と言ってよいでしょう。

日本・世界の主要な戦いの勝因・敗因がここに・・・

次は「戦いの勝因・敗因一覧」を見てみる

スポンサーリンク

ランチェスター戦略から学ぶ

  1. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    ランチェスターの第一法則とは一騎打ちの法則とも呼ばれるものであり、最も単純な戦闘を指すものとなってい…
  2. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    ランチェスター戦略において弱者が強者を打ち破る方法の一つとされるのが「一騎打ち」です。 ランチ…
  3. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    ビジネスで成功したいという思いは、ビジネスマンであれば誰でも抱いていることでしょう。しかし思いだけで…
  4. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    経営戦略や事業戦略を策定する場合には、自社の立場や強み弱みを認識した上で価値ある手立てで行うのが、競…

戦いの勝因敗因から学ぶ

  1. 鳥羽伏見の戦い|勝因・敗因
    鳥羽伏見の戦いは、慶応4年、明治元年に開始された旧幕府勢力の終焉を決定づける戊辰戦争の口火となった戦…
  2. アウステルリッツの戦い|勝因・敗因
    アウステルリッツの戦いとは、1805年12月2日にオーストリア領(現チェコ領)モラヴィアにある、ブル…
  3. ゲティスバーグの戦い|勝因・敗因
    ゲティスバーグの戦いとは、1836年7月1日から7月3日にかけて、現在のアメリカ合衆国ペンシルベニア…
  4. トラファルガーの海戦|イギリス海軍の勝因とフランス・スペイン連合艦隊の敗因
    トラファルガーの海戦は、1805年にスペインのトラファルガー岬沖で行われた海戦です。 この当時…
  5. 奉天会戦|勝因・敗因
    奉天会戦は、日露戦争における最後の会戦です。中国の奉天(現在の瀋陽)を舞台に1905年3月1日から3…

孫子の兵法から学ぶ

  1. 孫子の兵法
    「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵法書です。 その中から、今回は孫…
  2. 孫子の兵法
    「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵法書です。 その中から、今回は孫…
  3. 孫子の兵法
    「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵法書です。 その中から、今回は孫…
  4. 孫子の兵法
    「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵法書です。 その中から、今回は孫…
  5. 孫子の兵法
    「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵法書です。 その中から、今回は孫…
ページ上部へ戻る