故事成語

隠すより現る

隠すより現る(かくすよりあらわる)

古来より、人は自らの教訓を言葉で残し、古人の知恵や経験を「故事成語・ことわざ」として現代に伝えてきました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

その中から、時を超えて、人生に様々な示唆を与えてくれる「故事成語・ことわざ」を独断と偏見で選んでみました。きっとビジネスだけでなく、人生においても参考になるでしょう。

今回選んだのは、

「隠すより現る(かくすよりあらわる)」

という中国の古書「中庸」が出典の故事成語です。

スポンサーリンク

「隠すより現る」とは

「隠すより現る」とは、
他人に内緒で行ったことが、かえって人に知られてしまうように、秘密は世間に知れやすい」という意味です。

ちなみに出典となった「中庸」の一節を見てみると、

道は須臾も離るべからざるなり。離るべきは道に非ざるなり。是の故に君子その睹ざる所を戒慎し、その聞かざる所を恐懼す。隠れたるより見るるは莫く、微かなるより顕かなるは莫し、是の故に君子その独りを慎むなり。

となりますが、現代文に訳すなら、

道というのは、わずかな間であっても離れてはいけないものである。離れられる道ということは、道ではないということだ。そのゆえ、道についてまだ見えていない時であっても戒めて慎み、まだ聞こえていない時であっても恐れて畏まるのである。道は隠れているように見えてもいずれは見えるものであるし、他の人が気付かないと思われるものであってもいずれは明らかになるから、君子は、自分だけがその道を知っている状態でも、それを慎んで恐れるのである。

といった感じになります。

「隠すより現る」といえば、スキャンダルや不祥事を起こした時、中途半端に都合の悪い情報を隠してしまうと、さらなる不祥事に発展することがあります。たとえ、他の人が気付かないと思うようなことであっても、包み隠さず正しい情報を提供することが最良のリスク管理になることを肝に命じておきたいものです。

 

人生に役立つ言葉を見てみよう・・・

役立つ用語集「故事成語・ことわざ」を見てみる

スポンサーリンク

この記事を読んだ人は以下の記事も読んでいます

本日のおすすめ記事はこちら

ランチェスター戦略から学ぶ

  1. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    局地戦〜ランチェスター戦略 ビジネスで成功したいという思いは、ビジネスマンであれば誰でも抱いて…
  2. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    ランチェスター戦略とは ほとんどの産業においては、数社のトップ企業がシェアのほとんどを分け合い…
  3. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    一騎打ち〜ランチェスター戦略 ランチェスター戦略において弱者が強者を打ち破る方法の一つとされる…
  4. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    弱者の戦略〜ランチェスター戦略 経営戦略や事業戦略を策定する場合には、自社の立場や強み弱みを認…

戦いの勝因敗因から学ぶ

  1. 官渡の戦い|勝因・敗因
    官渡の戦い 曹操軍の勝因 官渡の戦いは、西暦2006年、有名な「三国志」の時代に曹操軍と袁紹軍…
  2. 木崎原の戦い
    木崎原の戦い 島津軍の勝因 木崎原の戦いは、1572年6月14日に南九州で起きた島津氏と伊東氏…
  3. マラトンの戦い
    マラトンの戦い ギリシャ連合軍の勝因 今を遡ること2500年以上前、紀元前490年9月12日。…
  4. 西南戦争|勝因・敗因
    西南戦争 西郷隆盛の敗因 西南戦争とは、1877年に薩摩士族が起こした大規模な反乱です。薩摩士…
  5. 鳥羽伏見の戦い|勝因・敗因
    鳥羽伏見の戦い 旧幕府軍の敗因 鳥羽伏見の戦いとは、新政府軍が勝利して、旧幕府軍が敗退すること…

孫子の兵法から学ぶ

  1. 孫子の兵法
    戦いは正を以って合い、奇を以って勝つ 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書…
  2. 孫子の兵法
    算多きは勝ち、算少なきは勝たず 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵…
  3. 孫子の兵法
    上兵は謀を伐つ 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵法書です。 …
  4. 孫子の兵法
    百戦百勝は善の善なるものに非ず 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵…
  5. 孫子の兵法
    善く戦うものは、勝ち易きに勝つ者なり 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書…
ページ上部へ戻る