集客はお金で時間を買うという考え方で

集客はお金で時間を買うという考え方で今回は集客の一つの側面「お金で時間を買う」ということについて書いてみることにします。

自社商材を何らか外向きに知らしめる行動(営業活動)をしていくと、基本的に自社商材の認知度は徐々に上がり、つれて集客は増えていきます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

あくまで当社のイメージですが、0ベースからビジネスを開始したとして、普通の営業活動を続けて概ね3年間くらいで採算ベースに乗るくらいの集客ができると思います。

極端な話ですが、先行投資的なビジネスなので10年後くらいに採算ベースに乗れば良いというのであれば、通常の営業活動を続けていくだけで十分だと思います(もちろん、その間営業活動をサボらない前提ですが)。

ただ、新規ビジネスで3年間採算ベースに乗らない状態が続くことに耐えられる企業はそう多くはありません。ということで、1年なり2年なり半年なりで早期に結果を出していく必要性が出てくる訳です。

スポンサーリンク

採算ベースに乗せる期間を短縮する為には、自社の商材の認知度を急ピッチで上げて、必要な量を販売していく必要があります。
その為に「広告」が必要になってくる訳です。これは、集客=「お金で時間を買う」ということです。

広告費をムダな広告媒体に掛けたりしない前提でいけば、
採算ベースに乗せる期間を1年間短縮したければ、1年分短縮できる分の広告費
2年間短縮したければ、2年分短縮できる分の広告費
を投じていけばよいのです。

もし、算出される広告費の額が予算を超過する場合は、採算ベースに乗せるタイミングを後ろ倒しに持っていく経営計画を立てる、もしくは新たに広告予算を捻出する必要があります。

日々経営者の方とお話しする中で、意外に忘れがちな考え方のように思いますので今回取り上げてみました。

スポンサーリンク

本日のおすすめ記事はこちら

ランチェスター戦略から学ぶ

  1. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    一騎打ち〜ランチェスター戦略 ランチェスター戦略において弱者が強者を打ち破る方法の一つとされる…
  2. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    弱者の戦略〜ランチェスター戦略 経営戦略や事業戦略を策定する場合には、自社の立場や強み弱みを認…
  3. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    ランチェスター戦略とは ほとんどの産業においては、数社のトップ企業がシェアのほとんどを分け合い…
  4. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    接近戦〜ランチェスター戦略 ランチェスター戦略は強者にも弱者にも当てはまる汎用性の高い戦略です…

戦いの勝因敗因から学ぶ

  1. トラファルガーの海戦|イギリス海軍の勝因とフランス・スペイン連合艦隊の敗因
    トラファルガーの海戦 スペイン・フランス連合艦隊の敗因 トラファルガーの海戦は、1805年にス…
  2. 鳥羽伏見の戦い|勝因・敗因
    鳥羽伏見の戦い 旧幕府軍の敗因 鳥羽伏見の戦いとは、新政府軍が勝利して、旧幕府軍が敗退すること…
  3. 鳥羽伏見の戦い|勝因・敗因
    鳥羽伏見の戦い 新政府軍の勝因 鳥羽伏見の戦いは、慶応4年、明治元年に開始された旧幕府勢力の終…
  4. 奉天会戦|勝因・敗因
    奉天会戦 ロシア軍の敗因 奉天会戦は、日露戦争における最後の会戦です。中国の奉天(現在の瀋陽)…
  5. 木崎原の戦い|勝因・敗因
    木崎原の戦い 島津軍の勝因 木崎原の戦いは、1572年6月14日に南九州で起きた島津氏と伊東氏…

孫子の兵法から学ぶ

  1. 孫子の兵法
    風林火山 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵法書です。 その…
  2. 孫子の兵法
    上兵は謀を伐つ 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵法書です。 …
  3. 孫子の兵法
    兵は拙速を聞くも、未だ功の久しきをみざる 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武…
  4. 孫子の兵法
    算多きは勝ち、算少なきは勝たず 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵…
  5. 孫子の兵法
    彼を知り己を知れば百戦危うからず 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた…
ページ上部へ戻る