サイトリニューアルで集客を3倍にした方法

img_g019

サイトリニューアルで集客を3倍にした方法当社のサービスに、SEO技術を生かした サイトリニューアル というものがあります。
大雑把に言うと、制作してから 5〜6年くらい経つホームページに対して、スマホ対応・問い合わせ率アップを中心としたUI変更+SEOの技術を盛り込むことで、サイトリニューアル&広告なし(SEOのみ)で集客増を図るサービスです。

昨今、スマホ未対応のサイト検索順位がジリジリと下がってきている関係で、最近よくお問い合わせをいただくサービスになっています。

【関連記事:Google検索「スマホ対応してないと順位を下げる」

ちなみにサイトリニューアルによる効果ですが、

  1. SEO対策による検索順位向上&アクセス数のアップ
  2. SEO対策による検索結果画面でのクリック率のアップ
  3. スマホ対応によるお問い合わせ率のアップ
  4. サイトUI改善によるお問い合わせ率のアップ

が主なものになります。

先月もサイトリニューアル案件がありましたが、リニューアルオープンから1ヶ月が経ちましたので、集客でどの程度リニューアル効果が出たのかを参考までに公開してみましょう。

【月間の申込数】
・リニューアル前: 5件
・リニューアル後: 15件

という感じで、サイトからの 申込数がリニューアル前後で 5倍にアップ しました。このサイトのアクセス数(セッション数)は大体1000人くらいですので、申込率は、

【月間の申込率】
・リニューアル前: 約 0.5%
・リニューアル後: 約 1.5%

となります。ちなみに、サイトリニューアル前後でアクセス数自体はほとんど変わっていません。

アクセス数が変わっていない理由ですが、サイトリニューアルからまだ1ヶ月ということで、SEO効果がほとんど出ていないためです。むしろ、サイトリニューアルした当初1週間くらいは検索順位は一時的に下がるのが普通なので、サイトリニューアル後の1週間でアクセスを若干落とし、最後の1週間でアクセスを若干戻している状態です。

サイトリニューアル後1ヶ月の現時点では、上記のサイトリニューアル効果の内、ほぼ 3) 4) のみ有効に働いている状況です。今後、3ヶ月ほど経つと徐々にSEO効果が出てくると思いますので、その頃にはアクセスが増え、さらなる集客が期待できると思います。

特に企業サイトの場合、そう頻繁にサイトリニューアルを行う必要はありませんが、3〜5年のスパンで考えると、通信速度・アクセスする端末などが変わってきますので、UIを中心としたリニューアルは不可欠です。古くから運営しているサイトの場合、アクセス数をある程度持っていることが多い為、サイトリニューアルによってアクセス数が激減することもありますが、SEOに留意して上手にサイトをリニューアルすることで、上記の例のように集客力アップにつなげることも可能です。

御社では古いサイトをそのまま放置していませんか?どうせ自社ホームページから集客できないと諦めていませんか?

戦いの勝因敗因から学ぶ

  1. 西南戦争|勝因・敗因

    西南戦争|薩摩軍の敗因

    戦争で勝敗を決める要因として、戦力と指揮官の能力があります。 西南戦争は薩摩士族と政府軍が戦い…
  2. 西南戦争|勝因・敗因

    西南戦争|政府軍の勝因

    今回は、明治維新後最大の内戦となった西南戦争で勝者となった政府軍の勝因について見ていきましょう。 …

偉人から学ぶ

  1. ijin_g009

    新井白石|偉人列伝

    新井白石は、江戸時代中期の人物で、旗本であり政治家、儒学者でもありました。今回は新井白石のエピソード…
  2. ijin_g006

    緒方洪庵|偉人列伝

    緒方洪庵は、江戸時代後期に医師、蘭学者として活躍した人物です。 緒方洪庵は文化7年、備中国足守…
ページ上部へ戻る