安いホームページと高いホームページの違い

img_g026

安いホームページと高いホームページの違いホームページを作る時、制作料金の見積もりを取ると思いますが、内容によってイメージと価格差が大きく乖離することがあります。今回は、お客様からよく聞かれる「価格が安いホームページ」と「価格が高いホームページ」の違いについて触れてみることにします。

早速ですが、ホームページの価格の違いはどこにあるのでしょうか?価格が高くなる代表的な要因について挙げてみましょう。

  1. ECサイト(ショッピングサイト)のカートシステムのようにホームページの中にプログラムが組み込まれている場合
  2. 特別なデザインを希望され、外部のデザイナーを使う場合
  3. メディアサイトなどページ数が多いホームページの場合

端的に言えば、「機能」「デザイン」「ページ数」で料金の高い安いに大きく影響するわけです。

例えば、デザイナーにサイトデザインを依頼する場合、ちゃんとした経験のあるデザイナーに依頼すれば、デザイン関係に掛かる原価は50万円以上にはなるでしょう。その結果、ベースのサイト制作費をデザイン関係費が上回ることもしばしばあります。

さらに、ホームページ制作会社側によって異なる要因ですが、

  • ホームページ制作業務の一部あるいは全てを外注する場合
  • 制作会社が特別なスキルやノウハウを持っており、“ブランド化”している場合

も考えられます。

ホームページを制作する時に何を重視するのかは、作る人によって、作る会社によって異なってきますが、こだわりが強ければ強いほど、制作費用はかさんでしまいます。ホームページを“見せる”ために作るのであれば問題はありませんが、コストパフォーマンス良く集客する目的でホームページを作るのであれば、「機能」「デザイン」「ページ数」の内、サイトアクセスに直結する「ページ数」を除き、少なくとも「機能」「デザイン」についてはこだわりと折り合いをつけなければなりません。

集客の観点からホームページを考えると、価格が安いから集客ができないとか、価格が高いから集客ができるといったことはありません。安いホームページで、機能やデザインがありふれていても集客できるホームページは数多くありますし、逆に、高機能で優れたデザインに見えても集客できないホームページも多いのです。

ホームページを作る時は、“これもあれも”になりがちですが、ホームページを作ることで期待できる収入からペイする予算を考え、「機能」「デザイン」にどれだけ折り合いをつけられるかが重要です。

戦いの勝因敗因から学ぶ

  1. 関ヶ原の戦い|勝因・敗因

    関ヶ原の戦い|西軍の敗因

    関ヶ原の戦いとは、戦国時代の末期に当時の日本の諸大名が東西の両陣営に分かれて戦った歴史的な大戦です。…
  2. 赤壁の戦い|勝因・敗因

    赤壁の戦い|曹操軍の敗因

    赤壁の戦いは、208年に中原を制覇した曹操軍が、孫権・劉備の連合軍と戦った戦いです。 そもそも…

偉人から学ぶ

  1. ijin005

    榎本武揚|偉人列伝

    榎本武揚は1836年から1908年まで生存した日本の武士で、化学者や外交官、政治家といった側面も持ち…
  2. ijin_g002

    横井小楠|偉人列伝

    熊本市内、熊本城稲荷神社の斜め向かいの高橋公園内に、後ろに坂本龍馬、勝海舟、松平春嶽、細川護久を従え…
ページ上部へ戻る