36協定とは?残業が無制限になるの?

36協定とは?残業が無制限になるの?

36協定とは

昨今では、長時間残業をさせる企業が問題視されることが多いですが、労働者の残業時間について定められている法律があることをご存知でしょうか?

スポンサーリンク
スポンサーリンク

36協定(サブロク協定)」という名前を聞いたことがある人は多いと思います。

たまにこの36について、月に36時間まで残業をしてOKと勘違いする人がいるのですが、これは時間ではなく、使用者が労働者の労働時間を設定する際の取り決めについて定めた労働基準法第36条を指しており、これが通称「36協定」と言われています。

では、36協定とは具体的にどのような内容なのかというと、まず、法定労働時間というものが日本の法律で定められていて、現在、法定労働時間は1日8時間、1週40時間です。また、法定休日は1週1日または4週で4日と定められているのですが、法定労働時間を超えて労働させる場合や法定休日に労働させる場合には、労働者の過半数で組織する労働組合または労働者の過半数の代表とあらかじめ書面で協定(=36協定)を締結しておかなければならない、そしてその協定は労働基準監督署に届出していなければならないというものです。

スポンサーリンク

つまり、平たい言い方をすると、1日8時間の勤務時間外に残業させたり、週1または週4で4日の休日に休日出勤させる場合には労働組合(無い場合は従業員の代表者)と事前に協定(36協定)を結んで労働基準監督署に届出しないと法律違反となる、というものです。

逆の言い方をすれば、36協定を結んでおけば、時間外労働をさせることができるということになります。

では、36協定に基づいて使用者が労働組合と協定を結んでいたら、無制限で残業させて良いのかというと、それは違います。

時間外労働の上限は法律に定められており、一般の場合は1週で15時間、4週で43時間、3カ月で120時間など細かく定められているので、これを超えて時間外労働をさせた場合は、たとえ労働者に残業代が支払われていたとしても労基法違反ということになります。

ただし、職種によっては業務上時間外労働の時間設定が難しい場合もあります。

土木、建築、自動車の運転、新技術の開発、季節的変動の激しい業務の場合などは、時間外労働時間の延長限度が設けられていません。また、一般業務でも臨時的に36協定を超えた労働させなければならないような特別な事由がある場合は、「特別条項付36協定」を締結すれば時間外労働時間を延長することができます。

ただし、それには予算、決算業務、クレーム対応、トラブル対応、納期のひっ迫など「臨時的」と認められる条項が決められていますので、何でもかんでも会社の都合よく時間外労働時間を延長させることはできません。

次は「残業削減には勤怠管理の前に必要なことがある」を見てみる

スポンサーリンク

本日のおすすめ記事はこちら

ランチェスター戦略から学ぶ

  1. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    局地戦〜ランチェスター戦略 ビジネスで成功したいという思いは、ビジネスマンであれば誰でも抱いて…
  2. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    ランチェスターの第一法則 ランチェスターの第一法則とは一騎打ちの法則とも呼ばれるものであり、最…
  3. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    一騎打ち〜ランチェスター戦略 ランチェスター戦略において弱者が強者を打ち破る方法の一つとされる…
  4. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    ランチェスター戦略とは ほとんどの産業においては、数社のトップ企業がシェアのほとんどを分け合い…

戦いの勝因敗因から学ぶ

  1. 関ヶ原の戦い|勝因・敗因
    関ヶ原の戦い 東軍の勝因 関ヶ原の戦いとは、1600年10月21日に現在の岐阜県関ヶ原町で行わ…
  2. 奉天会戦|勝因・敗因
    奉天会戦 ロシア軍の敗因 奉天会戦は、日露戦争における最後の会戦です。中国の奉天(現在の瀋陽)…
  3. 木崎原の戦い|勝因・敗因
    木崎原の戦い 島津軍の勝因 木崎原の戦いは、1572年6月14日に南九州で起きた島津氏と伊東氏…
  4. 鳥羽伏見の戦い|勝因・敗因
    鳥羽伏見の戦い 旧幕府軍の敗因 鳥羽伏見の戦いとは、新政府軍が勝利して、旧幕府軍が敗退すること…
  5. 官渡の戦い|勝因・敗因
    官渡の戦い 曹操軍の勝因 官渡の戦いは、西暦2006年、有名な「三国志」の時代に曹操軍と袁紹軍…

孫子の兵法から学ぶ

  1. 孫子の兵法
    風林火山 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵法書です。 その…
  2. 孫子の兵法
    上兵は謀を伐つ 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵法書です。 …
  3. 孫子の兵法
    戦いは正を以って合い、奇を以って勝つ 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書…
  4. 孫子の兵法
    彼を知り己を知れば百戦危うからず 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた…
  5. 孫子の兵法
    兵は拙速を聞くも、未だ功の久しきをみざる 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武…
ページ上部へ戻る