ABC分析とは?ABC分析とは、別名「重点分析」とも呼ばれ、ものごとの重要度に応じてランク分けやグループ分けして、そのランクやグループごとに最適な方法を選択するためのデータ分析の方法です。

ABC分析の具体例を見てみましょう。
例えば、重要度を売り上げに設定すると、売上高の順に取り扱っている商品を並べ、累積売り上げ割合が80パーセントを越える商品をグループA、80~90パーセントの商品をグループB、90パーセントから100パーセントの商品をグループCと分類したとします。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

そして売り上げ高の貢献度の高いグループAに分類された商品は、商品の発注や在庫管理、販売管理などにおいて重点的に管理することにし、逆にグループCの商品は簡易的な管理に移行してもさほど問題はないという分析結果になります。

重要度は売り上げだけとは限りませんので、在庫数、売り上げ総利益、販売個数なども重要度に設定することが可能です。また同時に様々な重要度を設定して分析することもおすすめします。ABC分析では、事業の実態に合わせて、重要度を何に設定して分析するかが重要です。

売れ筋商品を調べる場合は、売り上げ金額順に並べて分析します。利益を上げている商品を調べる場合には、利益金額順に並べます。販売数が落ちてきていて不良在庫になる可能性のある商品を調べるのは、販売数量順に並べますし、いつの間にか売れなくなっている商品を調べるためには、最後に売れた日を新しい順に並べます。

スポンサーリンク

ABC分析をするときの注意点ですが、使用するデータは過去の実績であることが大前提です。過去のデータを利用するため、今後の販売する商品の予知などには、この分析結果だけで判断することは難しいでしょう。

また、売り上げ高の多い商品が、必ずしも利益を生んでいるわけではありませんので、売り上げ高と同時に売り上げ総利益の分析も合わせて行う必要があります。

ABC分析の活用法ですが、ランク別に対策を考える必要があります。

例えば、顧客に関して分析した場合は、グループA(重要が高い)の顧客に関してはより親密な関係を築くこと、取り引き拡大するための新提案をすること、などが望まれますし、グループB(重要度が中間)の顧客に関しては、その中からグループAに引き上げられそうな顧客があるかどうかを調べます。グループC(重要度が低い)の顧客の中には、眠っている優良な顧客がいないかを調べて拡販していくようにします。

最近では数値を入力するだけで、ABC分析を簡単に行うことの出来るソフトなども販売されていますので、活用してみると良いでしょう。

マーケティングに役立つ用語がここに・・・

次は「役立つ用語集」を見てみる

スポンサーリンク

この記事を読んだ人は以下の記事も読んでいます

本日のおすすめ記事はこちら

ランチェスター戦略から学ぶ

  1. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    一騎打ち〜ランチェスター戦略 ランチェスター戦略において弱者が強者を打ち破る方法の一つとされる…
  2. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    局地戦〜ランチェスター戦略 ビジネスで成功したいという思いは、ビジネスマンであれば誰でも抱いて…
  3. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    ランチェスター戦略とは ほとんどの産業においては、数社のトップ企業がシェアのほとんどを分け合い…
  4. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    接近戦〜ランチェスター戦略 ランチェスター戦略は強者にも弱者にも当てはまる汎用性の高い戦略です…

戦いの勝因敗因から学ぶ

  1. 三方ヶ原の戦い|高田信玄の勝因と織田・徳川軍の敗因
    三方ヶ原の戦い 徳川・織田軍の敗因 三方ヶ原の戦いとは、1573年に遠江国(現在の静岡県)で起…
  2. トラファルガーの海戦|イギリス海軍の勝因とフランス・スペイン連合艦隊の敗因
    トラファルガーの海戦 スペイン・フランス連合艦隊の敗因 トラファルガーの海戦は、1805年にス…
  3. 第二次長州征伐|長州藩の勝因と幕府軍の敗因
    第二次長州征伐 長州藩の勝因 第二次長州征伐とは、徳川幕府が長州藩の討伐に乗り出した江戸時代後…
  4. 鳥羽伏見の戦い|勝因・敗因
    鳥羽伏見の戦い 旧幕府軍の敗因 鳥羽伏見の戦いとは、新政府軍が勝利して、旧幕府軍が敗退すること…
  5. 木崎原の戦い|勝因・敗因
    木崎原の戦い 島津軍の勝因 木崎原の戦いは、1572年6月14日に南九州で起きた島津氏と伊東氏…

孫子の兵法から学ぶ

  1. 孫子の兵法
    上兵は謀を伐つ 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵法書です。 …
  2. 孫子の兵法
    勝兵は鎰を以て銖を称るがごとく 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵…
  3. 孫子の兵法
    戦いは正を以って合い、奇を以って勝つ 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書…
  4. 孫子の兵法
    善く戦うものは、勝ち易きに勝つ者なり 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書…
  5. 孫子の兵法
    彼を知り己を知れば百戦危うからず 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた…
ページ上部へ戻る