カテゴリー:歴史から学ぶ

  • 孫子の兵法

    人の耳目を一にする|孫子の兵法

    「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵法書です。 その中から、今回は孫子にある「人の耳目を一にする」という言葉を見てみることにしましょう。 言うも相聞えず、故に金鼓を為る。 …
  • 第二次長州征伐|長州藩の勝因と幕府軍の敗因

    第二次長州征伐|幕府軍の敗因

    第二次長州征伐は、15万もの幕府軍が長州藩の征討に向かったものの、長州藩の返り討ちにあって敗れた戦いです。第二次長州征伐で敗れたことで幕府の権威は一気に失墜し、後の明治維新につながるきっかけとなっていきました。 第…
  • 第二次長州征伐|長州藩の勝因と幕府軍の敗因

    第二次長州征伐|長州藩の勝因

    第二次長州征伐とは、徳川幕府が長州藩の討伐に乗り出した江戸時代後期の戦いです。 第二次長州征伐に際し、幕府軍は15万という大兵力を送り込んだのですが、結果的に長州藩相手に敗北を喫してしまいます。 では、そもそもな…
  • 井陘の戦い(せいけいの戦い)|韓信の勝因と趙軍の敗因

    井陘の戦い(せいけいの戦い)|韓信の勝因と趙軍の敗因

    井陘の戦い(せいけいの戦い)とは、紀元前204年10月に韓信率いる劉邦軍と陳余率いる趙軍が現在の河北省の井陘で戦った戦いです。 井陘の戦いでの双方の兵力をみると、韓信軍は約3万で、陳余が率いる趙軍は約20万だったと…
  • マラトンの戦い|ギリシャ軍の勝因とペルシャ軍の敗因

    マラトンの戦い|ペルシャ軍の敗因

    一般的に戦闘では「数の多い方が勝つ」というのが常識です。 「弱者が強者に打ち勝つ」とか、「少数の精鋭が多勢を打ち破る」というストーリーは、常にロマンに溢れていて、洋の東西を問わず人気ですが、実際はそういうことはほと…
  • マラトンの戦い|ギリシャ軍の勝因とペルシャ軍の敗因

    マラトンの戦い|ギリシャ連合軍の勝因

    今を遡ること2500年以上前、紀元前490年9月12日。アテネ北東のマラトンで、ペルシャ帝国対ギリシャ連合軍(アテナイ・プラタイア連合軍)の戦いが行われました。これが、有名なマラトンの戦いです。 地中海を越えギリシ…
  • ランチェスター戦略・ランチェスターの法則

    確率戦〜強者の五大戦略|ランチェスター戦略

    ランチェスター戦略の中に「弱者の五大戦略」と「強者の五大戦略」とがあります。 今回は、強者の五大戦略の1つである「確率戦」について見てみましょう。 確率戦とは、確率的兵器を使った戦いです。例えば、大軍のいる方…
  • ランチェスター戦略・ランチェスターの法則

    誘導作戦〜強者の五大戦略|ランチェスター戦略

    ランチェスター戦略を用いることで、弱者は弱者なりの戦いが、強者は強者の戦いを展開していくことが可能になります。 具体的には、弱者は「陽動作戦」によって、手の内を強者に見せない形で作戦を実行し、攪乱させて相手の武器効…
  • ランチェスター戦略・ランチェスターの法則

    総合戦〜強者の五大戦略|ランチェスター戦略

    ランチェスター戦略とは、もともと実際の戦争における戦略論ですが、ランチェスター戦略は実際の戦場にとどまらず、経営戦略を考える上でも非常に参考になります。 もちろん経営と実際の戦争とは異なる点も多々ありますから、ラン…
  • ランチェスター戦略・ランチェスターの法則

    遠隔戦〜強者の五大戦略|ランチェスター戦略

    ランチェスター戦略は、元来、経営学や経営戦略上の用語ではありません。 もともとはまさしく実際の戦場、戦争における戦略を考えるもので、兵力の大きいものはどのような戦い方をするべきか、逆に兵力の少ないほうはどのような戦…

ランチェスター戦略から学ぶ

  1. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    ランチェスター戦略は強者にも弱者にも当てはまる汎用性の高い戦略です。 弱者ならばランチェスター…
  2. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    ランチェスターの第1法則とは一騎打ちの法則とも呼ばれるものであり、最も単純な戦闘を指すものとなってい…
  3. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    経営戦略や事業戦略を策定する場合には、自社の立場や強み弱みを認識した上で価値ある手立てで行うのが、競…
  4. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    ほとんどの産業においては、数社のトップ企業がシェアのほとんどを分け合い、残りのシェアを多くの中小企業…

戦いの勝因敗因から学ぶ

  1. トラファルガーの海戦|イギリス海軍の勝因とフランス・スペイン連合艦隊の敗因
    トラファルガーの海戦は、1805年にスペインのトラファルガー岬沖で行われた海戦です。 この当時…
  2. 奉天会戦|勝因・敗因
    奉天会戦は日露戦争における最後であり最大の会戦です。 大日本帝国陸軍(24万人)・ロシア帝国軍…
  3. 鳥羽伏見の戦い|勝因・敗因
    鳥羽伏見の戦いとは、新政府軍が勝利して、旧幕府軍が敗退することとなった戦いです。その後の戊辰戦争の始…
  4. 三方ヶ原の戦い|高田信玄の勝因と織田・徳川軍の敗因
    三方ヶ原の戦いとは、1573年に遠江国(現在の静岡県)で起きた徳川・織田連合軍と武田信玄の間の戦いで…
  5. マラトンの戦い|ギリシャ軍の勝因とペルシャ軍の敗因
    今を遡ること2500年以上前、紀元前490年9月12日。アテネ北東のマラトンで、ペルシャ帝国対ギリシ…

孫子の兵法から学ぶ

  1. 孫子の兵法
    「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵法書です。 その中から、今回は孫…
  2. 孫子の兵法
    「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵法書です。 その中から、今回は孫…
  3. 孫子の兵法
    「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵法書です。 その中から、今回は孫…
  4. 孫子の兵法
    「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵法書です。 その中から、今回は孫…
  5. 孫子の兵法
    「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵法書です。 その中から、今回は孫…
ページ上部へ戻る