DYMの評判~タイの不祥事を消せるか

ブログ集客

DYMの評判~タイの不祥事を消せるかご記憶の方も多いと思いますが、タイで社員が全裸になった集団不祥事でネット炎上した会社がありました。

株式会社DYMというIT系の会社ですが、職業柄、Webマーケティングの観点で興味を持って見ていることがあります。

実は、このDYM社はネット上の「誹謗中傷対策」をサービスとして提供しています。具体的には、Google や Yahoo!での検索結果にネガティブ情報が出てくる場合、そのネガティブ情報の検索順位を相対的に下げる「逆SEO」、代表的な掲示板である「2ちゃんねるのスレッド削除」が代表的な誹謗中傷対策メニューとなっています。

今回のタイ不祥事によるネット炎上事案で、例えば「DYM」と社名で評判を検索した時、ネガティブ情報が検索上位に表示されるようになってしまいました。また、2ちゃんねるのスレッドやまとめサイトも乱立した為、DYM社関連キーワードは悪い評判で埋め尽くされつつあります。
このままでは、社名を検索すると「タイで全裸事件を引き起こしたDYM社」という情報や、社長名を検索すると「タイで全裸事件を引き起こしたDYM社の社長」という情報が一目瞭然ですので、取引上も人材採用上も非常にまずい事態だと思います。

となると、自社の持つ「逆SEO」や「2ちゃんねるのスレッド削除」というノウハウを活かして、ネット上の悪い評判を除去しようと考えても不思議ではないでしょう。

スポンサーリンク

本来、ネットの誹謗中傷対策では「誹謗中傷」という言葉の通り、根拠のない 書き込みに対して法的手段に訴えることも含めて解決していきます。しかし、実際に不祥事を引き起こしたDYM社に対しては「誹謗中傷」に当たらない悪い評判も多い為、DYM社としてとれる “対策” 手法は制限される訳ですが、逆SEO,2ちゃんねるスレッド削除といった “誹謗中傷対策” のプロとして、どのように “清浄化” していくのでしょうか?

DYM社の評判がネット上でどう変わっていくのか、今後数ヶ月ウォッチしていきたいと思います。

次は「DYM炎上4ヶ月〜風評被害や誹謗中傷対策の効果とは」を見てみる

スポンサーリンク

ランチェスター戦略から学ぶ

  1. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    ビジネスで成功したいという思いは、ビジネスマンであれば誰でも抱いていることでしょう。しかし思いだけで…
  2. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    経営戦略や事業戦略を策定する場合には、自社の立場や強み弱みを認識した上で価値ある手立てで行うのが、競…
  3. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    ランチェスター戦略において弱者が強者を打ち破る方法の一つとされるのが「一騎打ち」です。 ランチ…
  4. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    ほとんどの産業においては、数社のトップ企業がシェアのほとんどを分け合い、残りのシェアを多くの中小企業…

戦いの勝因敗因から学ぶ

  1. 西南戦争|勝因・敗因
    戦争で勝敗を決める要因として、戦力と指揮官の能力があります。 西南戦争は薩摩士族と政府軍が戦い…
  2. アウステルリッツの戦い|勝因・敗因
    アウステルリッツの戦いとは、1805年12月2日にオーストリア領(現チェコ領)モラヴィアにある、ブル…
  3. 奉天会戦|勝因・敗因
    奉天会戦は、日露戦争における最後の会戦です。中国の奉天(現在の瀋陽)を舞台に1905年3月1日から3…
  4. 鳥羽伏見の戦い|勝因・敗因
    鳥羽伏見の戦いは、慶応4年、明治元年に開始された旧幕府勢力の終焉を決定づける戊辰戦争の口火となった戦…
  5. 赤壁の戦い|勝因・敗因
    赤壁の戦いは中国の後漢末期、いわゆる“三国志時代”に起きた戦いです。 魏の曹操が率いる大軍に対…

孫子の兵法から学ぶ

  1. 孫子の兵法
    「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵法書です。 その中から、今回は孫…
  2. 孫子の兵法
    「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵法書です。 その中から、今回は孫…
  3. 孫子の兵法
    「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵法書です。 その中から、今回は孫…
  4. 孫子の兵法
    「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵法書です。 その中から、今回は孫…
  5. 孫子の兵法
    「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵法書です。 その中から、今回は孫…
ページ上部へ戻る