DYM炎上4ヶ月〜風評被害や誹謗中傷対策の効果とは

DYM炎上4ヶ月〜風評被害や誹謗中傷対策の効果とは「ネット風評被害対策」「ネット誹謗中傷対策」「逆SEO」など様々な呼び方がありますが、世の中にはネット上のネガティブな書き込みを消す(目立たなくする)サービスが存在します。今回お話する DYM社も「ネット風評被害対策」「ネット誹謗中傷対策」「逆SEO」といったサービスを売りにしていた会社でした。

その「ネット風評被害対策」をする DYM社自身がネット炎上するという皮肉な事件を引き起こしてしまいました。それが「タイ全裸事件」です。「タイ全裸事件」とは、タイ中部にある高級リゾート地ホアヒンのビーチで、夜に DYM社の社員など数十人が全裸になって騒ぎ、タイ及び日本国内で問題になった事件です。

当然のように DYM社は 2ちゃんねるなどのネット掲示板や個人ブログ、まとめサイトなど一斉に叩かれ、そういったコンテンツが DYM社関連のキーワードで検索すると多数表示されるようになりました。

その後、DYM社が「ネット風評被害対策」会社としてどのような対策を行うのか、その結果、検索順位はどう変わっていくのか、個人的に興味を持って推移を見守り、早いもので 4ヶ月となります。

【関連記事:炎上した結果・・・DYM社 炎上から3ヶ月

では、事件発生から 4ヶ月が経過し、状況は変わったのでしょうか?

スポンサーリンク

「DYM」でキーワード検索した時のネガティブサイトの検索順位

事件直後:4位,6位
1ヶ月後:4位,5位,6位,9位,10位
2ヶ月後:5位,6位,7位,10位
3ヶ月後:3位,5位,6位,7位,8位,9位,10位
4ヶ月後:2位,3位,5位,6位,7位,8位,9位

どうやら事態は好転するどころか、悪化していっているようです。

実は、ネット炎上が沈静化しそうな時に DYM社は大きなミスを犯してしまい、再炎上してしまいます。そして、再炎上により、ネガティブコンテンツはさらに増え、検索で上位表示されるネガティブ情報が増える結果となってしまいました。

消せば増えるのがネットの書き込み・・・

ページ:

1

2
スポンサーリンク

ランチェスター戦略から学ぶ

  1. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    ほとんどの産業においては、数社のトップ企業がシェアのほとんどを分け合い、残りのシェアを多くの中小企業…
  2. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    経営戦略や事業戦略を策定する場合には、自社の立場や強み弱みを認識した上で価値ある手立てで行うのが、競…
  3. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    ランチェスター戦略は強者にも弱者にも当てはまる汎用性の高い戦略です。 弱者ならばランチェスター…
  4. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    ビジネスで成功したいという思いは、ビジネスマンであれば誰でも抱いていることでしょう。しかし思いだけで…

戦いの勝因敗因から学ぶ

  1. 桶狭間の戦い|勝因・敗因
    桶狭間の戦いで今川軍が負けたのは、「今川義元の油断」と長らく言われてきました。ですが、最近ではその通…
  2. 鳥羽伏見の戦い|勝因・敗因
    鳥羽伏見の戦いは、慶応4年、明治元年に開始された旧幕府勢力の終焉を決定づける戊辰戦争の口火となった戦…
  3. 鳥羽伏見の戦い|勝因・敗因
    鳥羽伏見の戦いとは、新政府軍が勝利して、旧幕府軍が敗退することとなった戦いです。その後の戊辰戦争の始…
  4. 西南戦争|勝因・敗因
    戦争で勝敗を決める要因として、戦力と指揮官の能力があります。 西南戦争は薩摩士族と政府軍が戦い…
  5. 赤壁の戦い|勝因・敗因
    赤壁の戦いは中国の後漢末期、いわゆる“三国志時代”に起きた戦いです。 魏の曹操が率いる大軍に対…

孫子の兵法から学ぶ

  1. 孫子の兵法
    「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵法書です。 その中から、今回は孫…
  2. 孫子の兵法
    「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵法書です。 その中から、今回は孫…
  3. 孫子の兵法
    「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵法書です。 その中から、今回は孫…
  4. 孫子の兵法
    「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵法書です。 その中から、今回は孫…
  5. 孫子の兵法
    「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵法書です。 その中から、今回は孫…
ページ上部へ戻る