Google アナリティクスの設定-直帰率を正しく計測する

Google,検索,検索エンジン

Google アナリティクスの設定-直帰率を正しく計測するGoogle アナリティクスは非常に優れた無料のアクセス解析ツールです。
ホームページやランディングページやブログなどに所定のタグを貼りつけるだけで、何人が訪問したか、何ページ見てくれたかがわかるだけでなく、訪問者がどこから来たか、今現在何人が訪問しているかなど様々な情報を Google アナリティクスは正確に教えてくれます。

Google アナリティクスには様々な数値がありますが、重要な指標の一つが「直帰率」です。
今回は、この直帰率の計測におけるちょっとした Google アナリティクスのカスタマイズについて書いてみましょう。

ちなみに「直帰率」とは、ホームページやランディングページやブログに来た訪問者が、想像していたページ内容と違ったなどの理由でページを見ないまま帰ってしまう率を指します。ページを見ないで帰ってしまう「直帰率」が高ければホームページ・ランディングページやブログへの訪問者の質は低くなりますし、「直帰率」が低ければ逆に訪問者の質は高いということです。

一般的には直帰率は70%を超えると高く、何らかの対策が必要になってきます。

この「直帰率」ですが、ホームページのようにサイト全体を閲覧するものでは数値が低めに出ることが多く、ランディングページやブログのようにそのページだけを閲覧するものは数値が高めに出ます。ランディングページやブログの場合、80%台ならまだいい方で、90%台もざらにあります。90%というと10人の内、9人がページを見ないでそのまま帰ってしまう、というありがたくない結果です。

しかし、実際は90%がページを見ないで帰っている訳ではありません。ほとんどのケースでざっと見たけれどアクションに至らず帰っていった人も90%の中には相当数含まれています。

サイトを訪問した人は、そのページ内に自分が望んでいる情報があるかどうかを数秒間で見分けて判断します。
「ざっと見たけれどアクションに至らず帰っていった人」と「パッと見たけれど必要がないページなのですぐ帰っていった人」を分けるのが今回の Google アナリティクスのカスタマイズという訳です。

では、早速カスタマイズ方法について見てみましょう。

通常、Google アナリティクスでアクセスを計測する時は、以下のような「タグ」を計測するホームページやランディングページやブログに記載します。

<script>
(function(i,s,o,g,r,a,m){i[‘GoogleAnalyticsObject’]=r;i[r]=i[r]||function(){
(i[r].q=i[r].q||[]).push(arguments)},i[r].l=1*new Date();a=s.createElement(o),
m=s.getElementsByTagName(o)[0];a.async=1;a.src=g;m.parentNode.insertBefore(a,m)
})(window,document,’script’,’//www.google-analytics.com/analytics.js’,’ga’);

ga(‘create’, ‘UA-xxxxxxxxx-x’, ‘auto’);
ga(‘send’, ‘pageview’);

スポンサーリンク

</script>

この「タグ」に滞在時間の概念を入れてあげます。例えば○○秒以上サイトに滞在した人は「直帰」とカウントしないようにする訳です。
ちなみに、当社の場合では10秒以上を「直帰」と見なさないようにして、次のような「タグ」を追加します。

setTimeout(“ga(‘send’, ‘event’, ‘read’, ’10 seconds’)”,10000);

つまり、
<script>
(function(i,s,o,g,r,a,m){i[‘GoogleAnalyticsObject’]=r;i[r]=i[r]||function(){
(i[r].q=i[r].q||[]).push(arguments)},i[r].l=1*new Date();a=s.createElement(o),
m=s.getElementsByTagName(o)[0];a.async=1;a.src=g;m.parentNode.insertBefore(a,m)
})(window,document,’script’,’//www.google-analytics.com/analytics.js’,’ga’);

ga(‘create’, ‘UA-xxxxxxxxx-x’, ‘auto’);
ga(‘send’, ‘pageview’);
setTimeout(“ga(‘send’, ‘event’, ‘read’, ’10 seconds’)”,10000);
</script>

のような「タグ」にカスタマイズして、この「タグ」をホームページやランディングページ、ブログなどに貼りつけてあげればOKです。

これで、上の例であれば10秒以上ページに滞在した人は「直帰」と見なさず計測となります。

ちなみに、実際の例ですが、

  • ブログの場合・・・(カスタマイズ前)直帰率82% →(後)11%
  • ランディングページの場合・・・(カスタマイズ前)直帰率89% →(後)17%

といった具合で変わってきます。

直帰率が80%や90%では問題点の把握も改善もできませんが、カスタマイズ後の直帰率なら問題点もあぶり出しやすいかと思います。

Google アナリティクスのカスタマイズといっても、ただ1行付け足すだけで簡単ですので是非チャレンジしてみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク

ランチェスター戦略から学ぶ

  1. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    経営戦略や事業戦略を策定する場合には、自社の立場や強み弱みを認識した上で価値ある手立てで行うのが、競…
  2. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    ほとんどの産業においては、数社のトップ企業がシェアのほとんどを分け合い、残りのシェアを多くの中小企業…
  3. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    ランチェスター戦略は強者にも弱者にも当てはまる汎用性の高い戦略です。 弱者ならばランチェスター…
  4. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    ランチェスター戦略において弱者が強者を打ち破る方法の一つとされるのが「一騎打ち」です。 ランチ…

戦いの勝因敗因から学ぶ

  1. ワーテルローの戦い|勝因・敗因
    ワーテルローの戦いとは1815年6月18日に起きた、フランス皇帝ナポレオン1世(ナポレオン・ボナパル…
  2. 三方ヶ原の戦い|高田信玄の勝因と織田・徳川軍の敗因
    三方ヶ原の戦いとは、1573年に遠江国(現在の静岡県)で起きた徳川・織田連合軍と武田信玄の間の戦いで…
  3. 奉天会戦|勝因・敗因
    奉天会戦は、日露戦争における最後の会戦です。中国の奉天(現在の瀋陽)を舞台に1905年3月1日から3…
  4. 西南戦争|勝因・敗因
    戦争で勝敗を決める要因として、戦力と指揮官の能力があります。 西南戦争は薩摩士族と政府軍が戦い…
  5. 奉天会戦|勝因・敗因
    奉天会戦は日露戦争における最後であり最大の会戦です。 大日本帝国陸軍(24万人)・ロシア帝国軍…

孫子の兵法から学ぶ

  1. 孫子の兵法
    「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵法書です。 その中から、今回は孫…
  2. 孫子の兵法
    「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵法書です。 その中から、今回は孫…
  3. 孫子の兵法
    「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵法書です。 その中から、今回は孫…
  4. 孫子の兵法
    「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵法書です。 その中から、今回は孫…
  5. 孫子の兵法
    「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵法書です。 その中から、今回は孫…
ページ上部へ戻る