ホームページを作るならページ数はケチらない

ホームページを作るならページ数はケチらない今回は、集客の為に新規にホームページを作る際の注意点として、「ホームページを作るならページ数はケチらない」ということについて触れてみましょう。

ページ数の多い“大規模サイト”を作る場合は問題ないのですが、構成ページ数が10ページ未満のホームページを作る場合、制作予算の兼ね合いなどで、異なる内容を1ページにまとめてしまうケースをよく見かけます。

「会社概要」のページと「アクセスマップ」のページを一つのページにまとめるなど情報の関連性が高い場合は全く問題なく、サイトを閲覧する方にとってはむしろ望ましいのですが、実際にあった例では「会社概要」のページに「お客様の声」ページ内容をまとめてしまったり、会社の「ご挨拶」ページに「サービスの特徴」をまとめてしまったケースがありました。

複数の内容が混在した、テキスト量の多いページは、ホームページを閲覧する側からすると、要点がつかめず非常に読みづらくなります。せっかくホームページを見に来てくれても、内容がシンプルにまとまってテキスト量が適度なサイトに比べてお問い合わせ率は低下してしまいます。

スポンサーリンク

また、ホームページからの集客を考えた場合、ホームページへのアクセス数がポイントになってきますが、基本的にアクセス数はページ数に比例してきます。ホームページのページ数をまとめることで制作費は若干圧縮できるかもしれませんが、サイトアクセスの観点からは不利になります。

さらに、SEO的にもマイナスに働きます。SEOは1ページ毎に評価されますが、1ページに記載ポイントが増えれば増えるほど、内容がぼやけてしまいます。内容がぼやけてしまうということは何を訴えているページかを検索エンジンに伝えることが難しくなるということですから、SEO上もマイナスに働くというわけです。

このようにホームページを作る際のページ数は集客にダイレクトに影響してきます。安易にページをまとめてしまわず、ホームページを見ていただくお客様の立場に立って見やすい内容・ページ割りにしていくべきです。

スポンサーリンク

ランチェスター戦略から学ぶ

  1. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    ランチェスターの第1法則とは一騎打ちの法則とも呼ばれるものであり、最も単純な戦闘を指すものとなってい…
  2. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    ビジネスで成功したいという思いは、ビジネスマンであれば誰でも抱いていることでしょう。しかし思いだけで…
  3. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    ランチェスター戦略において弱者が強者を打ち破る方法の一つとされるのが「一騎打ち」です。 ランチ…
  4. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    ほとんどの産業においては、数社のトップ企業がシェアのほとんどを分け合い、残りのシェアを多くの中小企業…

戦いの勝因敗因から学ぶ

  1. 桶狭間の戦い|勝因・敗因
    桶狭間の戦いで今川軍が負けたのは、「今川義元の油断」と長らく言われてきました。ですが、最近ではその通…
  2. 西南戦争|勝因・敗因
    戦争で勝敗を決める要因として、戦力と指揮官の能力があります。 西南戦争は薩摩士族と政府軍が戦い…
  3. ゲティスバーグの戦い|勝因・敗因
    ゲティスバーグの戦いとは、南北戦争における事実上の決戦となった戦いのことです。 この戦いは18…
  4. 関ヶ原の戦い|勝因・敗因
    関ヶ原の戦いにおける東軍の勝因とは、基本的には前哨戦の部分を含めて考えることで、理解しやすいでしょう…
  5. 奉天会戦|勝因・敗因
    奉天会戦は、日露戦争における最後の会戦です。中国の奉天(現在の瀋陽)を舞台に1905年3月1日から3…

孫子の兵法から学ぶ

  1. 孫子の兵法
    「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵法書です。 その中から、今回は孫…
  2. 孫子の兵法
    「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵法書です。 その中から、今回は孫…
  3. 孫子の兵法
    「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵法書です。 その中から、今回は孫…
  4. 孫子の兵法
    「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵法書です。 その中から、今回は孫…
  5. 孫子の兵法
    「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵法書です。 その中から、今回は孫…
ページ上部へ戻る