SEOで集客できるホームページ、できないホームページ

SEO対策,SEO

SEOで集客できるホームページ、できないホームページ当社では年間100以上のホームページを制作し、その大部分にSEO対策を施しています。事例が年々蓄積されてくるにつれて、SEOが効きやすいホームページ、SEOが効きにくいホームページの特徴が明らかになってきました。今回は、そのSEOが効く効かないの代表的なポイントを書いてみることにします。

冒頭で触れた通り、ホームページには各ページの内容、作り方、ホームページ公開方法によってSEO対策の効果が大きく左右されます。
SEO対策とは、わかりやすく言えば、主にGoogle(※Yahoo!の検索システムもGoogleの検索エンジンを使用しています)の検索エンジンに対して「このホームページは何屋さんで、どういった商品・サービスを提供している会社だよ」と噛み砕いて教える作業です。ですから、ホームページがわかりにくかったり、様々な人から見て見にくい(とGoogleの検索エンジンが判断する)ホームページの検索順位は上位に表示されません。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

具体的には、以下のようなホームページはSEOが効きにくい(=SEO対策で集客しにくい)と言えます。

1.ホームページが代表者の決意表明のようになっている
特にホームページを最初に作る時にありがちで、代表者が会社を設立した経緯や会社に込める想いを長い文章で書き連ねていくパターンです。「代表者挨拶」のようなページを設ける場合はまだ良いのですが、トップページの出だしに「想い」を書いてしまうと正直SEO効果は期待できなくなってしまいます。いわゆる「このホームページが何屋さん」かGoogleの検索エンジンが判断できなくなる例です。

2.商品やサービスのページが簡潔でない
上の例と似ていますが、商品やサービスに込めた想いを書いていくと、消費者にとって本当に欲しい情報とかけ離れていくことがよくあります。商品やサービスの特徴やどんな方に向くのか、料金がいくらなのかなど、簡潔にまとめて書くことがSEO効果を高めるコツです。

スポンサーリンク

3.トップページの新着情報に一杯情報がある
トップページに新着情報コーナーを設けている場合は注意が必要です。ビッシリと新着情報に書き込んでいる場合は「ホームページが何屋さんか」わかりにくくさせる要因になります。SEO対策の観点からは、できればトップページ上に新着情報を置かない方が良く、どうしても置く場合は文字数が多くないようにする(概ね合計の文字数が50字以内に収める)と良いです。

4.日本語ドメイン
以前、日本語ドメインについての記事を書きました(過去記事:日本語ドメインの終焉?)が、以前アフィリエイターを中心に一生を風靡した日本語ドメインは効果がないばかりか、SEO効果が出る時間やSEO効果のパワーのいずれも通常のアルファベットのドメインに劣ってきています。

この辺を意識してホームページを作る、あるいは既存のホームページを整理すればSEO効果は上がってきます。

スポンサーリンク

本日のおすすめ記事はこちら

ランチェスター戦略から学ぶ

  1. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    接近戦〜ランチェスター戦略 ランチェスター戦略は強者にも弱者にも当てはまる汎用性の高い戦略です…
  2. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    弱者の戦略〜ランチェスター戦略 経営戦略や事業戦略を策定する場合には、自社の立場や強み弱みを認…
  3. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    ランチェスターの第一法則 ランチェスターの第一法則とは一騎打ちの法則とも呼ばれるものであり、最…
  4. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    局地戦〜ランチェスター戦略 ビジネスで成功したいという思いは、ビジネスマンであれば誰でも抱いて…

戦いの勝因敗因から学ぶ

  1. アウステルリッツの戦い|勝因・敗因
    アウステルリッツの戦い ナポレオン軍の勝因 アウステルリッツの戦いとは、1805年12月2日に…
  2. 関ヶ原の戦い|勝因・敗因
    関ヶ原の戦い 東軍の勝因 関ヶ原の戦いとは、1600年10月21日に現在の岐阜県関ヶ原町で行わ…
  3. 木崎原の戦い|勝因・敗因
    木崎原の戦い 島津軍の勝因 木崎原の戦いは、1572年6月14日に南九州で起きた島津氏と伊東氏…
  4. トラファルガーの海戦|イギリス海軍の勝因とフランス・スペイン連合艦隊の敗因
    トラファルガーの海戦 スペイン・フランス連合艦隊の敗因 トラファルガーの海戦は、1805年にス…
  5. 奉天会戦|勝因・敗因
    奉天会戦 ロシア軍の敗因 奉天会戦は、日露戦争における最後の会戦です。中国の奉天(現在の瀋陽)…

孫子の兵法から学ぶ

  1. 孫子の兵法
    兵は拙速を聞くも、未だ功の久しきをみざる 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武…
  2. 孫子の兵法
    戦いは正を以って合い、奇を以って勝つ 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書…
  3. 孫子の兵法
    孫子の七計 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵法書です。 そ…
  4. 孫子の兵法
    算多きは勝ち、算少なきは勝たず 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵…
  5. 孫子の兵法
    彼を知り己を知れば百戦危うからず 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた…
ページ上部へ戻る