士業

SWOT分析とは?SWOT分析とは、外部環境や内部環境を強み(Strengths)、弱み(Weaknesses)、機会(Opportunities)、脅威(Threats)の4つのカテゴリーで要因分析し、事業環境変化に対応した経営資源の最適活用を図る経営戦略策定方法の一つです。企業や個人の目標が明確である場合、この分析手法は戦略計画して有用なものになります。

「強み」と「弱み」が内的要因に相当し、「機会」と「脅威」が外的要因です。

内的要因には、人材や財務、製造力、マーケティングの4P(販売促進:Promotion、商品:Production、価格:Price、立地:Place)などがあり、外的要因にはマクロ経済、法令、社会環境、文化やトレンドの変化、競合他社の行為などがあります。外的要因は自分の努力だけでは変えることが難しい要因であると言えます。一般的に、これらの分析結果は2×2のマスにマトリックスとして表現されます。

【SWOT分析の方法】
SWOT分析は幅広い範囲に対して分析を行うことになりますが、そうなると莫大な時間と労力がかかってしまいます。そのため、あらかじめ仮説を立てておき、その時点で考えられる仮の結論を設定しておきます。

例えば、「主婦層向けのお得なスーパーの情報を提供する」と設定しておけば、主婦層、スーパーというキーワードの関連から分析していけばよいのです。つまり、設定した仮説が正しいかどうかの検証が1つの目標になると言えます。特に複雑なのが外部環境分析であり、環境の特性や規模に応じて、PEST分析やバリューチェーンのようなフレームワークを利用します。そうすることで、偏りのない網羅的な視点での分析ができます。

また、企業やプロジェクトチームで行う場合は、営業、経営者、エンジニアなどのようにチームを分けて行われることが理想的とされています。

【SWOT分析の分析結果の活用方法】
SWOT分析によって、分析対象の会社や事業、プロジェクトの現状やとるべき戦略が絞り込まれてきます。

前述の通りSWOTの各要素はマトリックス表にまとめられますが、SとOのクロスに位置するものは積極的攻勢に使える要因です。逆にWとTのクロスにあるものは防衛に徹するか撤退が必要な要因になります。SとTのクロスでは差別化戦略を取って、自社の強みを活かす要因がわかり、WとOのクロスでは、自社の弱みで事業の機会を失わないための要因がわかります。

このように、SWOT分析は経営戦略の策定に役立てることができます。まずは自社内の要素から分析して、活用してみてはいかがでしょうか。

戦いの勝因敗因から学ぶ

  1. 赤壁の戦い|勝因・敗因

    赤壁の戦い|曹操軍の敗因

    赤壁の戦いは、208年に中原を制覇した曹操軍が、孫権・劉備の連合軍と戦った戦いです。 そもそも…
  2. 桶狭間の戦い|勝因・敗因

    桶狭間の戦い|織田信長の勝因

    今回は、有名な武将、織田信長の転機となった桶狭間の戦いについて見てみましょう。桶狭間の戦いでの織田信…

偉人から学ぶ

  1. ijin_g007

    川路聖謨|偉人列伝

    川路聖謨(かわじとしあきら)は1801年、豊後国日田(現在の大分県日田市)で日田代官所属吏である父・…
  2. kh7nphu

    北条時宗|偉人列伝

    北条時宗は、1251年6月5日、第5代目執権北条時頼の子息として誕生しました。 北条時宗は、鎌…
ページ上部へ戻る