みなし残業制度の導入条件とは?

みなし残業制度の導入条件とは?

みなし残業制度とは?

みなし残業制度とは、1ヶ月の残業時間数を予め設定しておき、その時間内であれば何時間残業を行ったとしても、設定した時間数の残業をしたとみなす制度のことです。

例えば、みなし残業制度で月40時間の残業と設定した場合、残業時間が0時間であったとしても、43時間であったとしても、40時間残業したとみなします。みなし残業制度では、毎月の給与において固定した残業代を払うことになります。

みなし残業制度は、会社が残業代を必要以上に払わなくても良くなる残業制度の様に思われがちですが、設定する残業時間数によっては会社にとってマイナスになってしまうこともあり得ます。

みなし残業制度の導入条件

みなし残業制度の導入条件としては、まずはみなし残業時間と固定残業代の額を明確に分けて記載する事が必要です。

例えば、契約書に基本給だけが書かれており、残業代は口頭で伝えた場合や、基本給にプラスしてカッコ書きでそこに注釈が書かれている場合などは、正しいみなし残業制度導入の取り扱いとは言えません。

この場合は、みなし残業制度としては無効となってしまい、従業員から残業代の支払を請求されてしまうと、固定残業代の分まで払わなければいけなくなる場合が出てくるので注意が必要です。必ず個別の労働契約にみなし残業時間と、それに対する固定残業代の額を定めて明記しましょう。

また、残業時間はどれだけ設定しても良いわけではなく、36協定によって残業時間は月に45時間までとなっています。

【参考記事:36協定とは?

その為、基本的には45時間以上のみなし残業時間を設ける事は避けます。45時間以上でも設定する事はできますが、公序良俗に反してみなし残業制度自体が無効とされてしまう事もあるので、45時間までに抑えましょう。

また実際に導入する際には雇用する側は勝手にみなし残業制度を導入しても良いわけではなく、まずは従業員に説明をして書面でも通知します。さらに就業規則に、みなし残業制度について記載することも忘れないようにしましょう。

以上をクリアすることによってみなし残業制度の導入条件を満たしているとみなされ、みなし残業制度を利用した上での会社運営ができ、みなし残業を巡るトラブルを未然に防ぐことができます。

これらの導入に関する条件を満たしていない場合は、みなし残業自体が認められなくなってしまうと言う事例も出ているので注意しましょう。

スポンサーリンク

ランチェスター戦略から学ぶ

  1. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    ランチェスターの第一法則 ランチェスターの第一法則とは一騎打ちの法則とも呼ばれるものであり、最…
  2. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    接近戦〜ランチェスター戦略 ランチェスター戦略は強者にも弱者にも当てはまる汎用性の高い戦略です…
  3. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    弱者の戦略〜ランチェスター戦略 経営戦略や事業戦略を策定する場合には、自社の立場や強み弱みを認…
  4. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    局地戦〜ランチェスター戦略 ビジネスで成功したいという思いは、ビジネスマンであれば誰でも抱いて…

戦いの勝因敗因から学ぶ

  1. 鳥羽伏見の戦い|勝因・敗因
    鳥羽伏見の戦い 新政府軍の勝因 鳥羽伏見の戦いは、慶応4年、明治元年に開始された旧幕府勢力の終…
  2. 井陘の戦い(せいけいの戦い)|韓信の勝因と趙軍の敗因
    井陘の戦い(せいけいの戦い)勝因と敗因 井陘の戦い(せいけいの戦い)とは、紀元前204年10月…
  3. 第二次長州征伐|長州藩の勝因と幕府軍の敗因
    第二次長州征伐 長州藩の勝因 第二次長州征伐とは、徳川幕府が長州藩の討伐に乗り出した江戸時代後…
  4. ゲティスバーグの戦い|勝因・敗因
    ゲティスバーグの戦い 南軍の敗因 ゲティスバーグの戦いとは、1836年7月1日から7月3日にか…
  5. 西南戦争|勝因・敗因
    西南戦争 西郷隆盛の敗因 西南戦争とは、1877年に薩摩士族が起こした大規模な反乱です。薩摩士…

孫子の兵法から学ぶ

  1. 孫子の兵法
    百戦百勝は善の善なるものに非ず 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵…
  2. 孫子の兵法
    孫子の七計 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵法書です。 そ…
  3. 孫子の兵法
    兵は拙速を聞くも、未だ功の久しきをみざる 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武…
  4. 孫子の兵法
    彼を知り己を知れば百戦危うからず 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた…
  5. 孫子の兵法
    上兵は謀を伐つ 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵法書です。 …
ページ上部へ戻る