イノベーション理論とは?

イノベーション理論とは

イノベーションは革新を意味する言葉で、1912年に出版された「経済発展の理論」で初めて提唱されました。

「経済発展の理論」の著者ヨーゼフ・アロイス・シュンペーターは、オーストリア・ハンガリー帝国のモラヴィアで生まれた経済学者で、経済を変動させるにはイノベーション(技術革新)が必要という理論を提唱したことで知られています。

シュンペーターは、資本主義の本質はイノベーションであり、イノベーションによる劇的な変化が経済を発展させるという理論を打ち出しました。一般的にイノベーションは技術革新そのものと考えられていますが、イノベーション理論とは技術の革新だけを意味する言葉ではありません。

イノベーション理論は主に5つに分類され、新しい商品やサービスの創出・新しい生産方法の開発・新しい市場の開拓・原材料の新しい供給源の獲得・新しい組織の実現がイノベーション理論に含まれます。

シュンペーターは自著の中で、イノベーションとは非連続な変化によって生じると表しています。従来の方法を繰り返すことで発生するのではなく、既存の考え方の延長線上に無かった新しい発想やひらめきにより、突然生じるのがイノベーションで、創造欲求や情熱こそが、イノベーションを起こす原動力なのだと提唱しています。

イノベーションには資金を提供する銀行の助けが欠かせません。起業家がこれまでには存在していなかった新しい商品や技術を生み出そうとする時、多くの場合は発想を実現するために外部からの多額の資金を必要とします。イノベーションが形になるためには、銀行家が最も重要とシュンペーターは主張しています。

また、シュンペーターはイノベーション理論の中で、イノベーションは新たな商品や技術を生み出しブームを巻き起こしますが、それらも世の中に行き渡ると生産量が低下し、結果として生産従事者に多くの失業者が生まれ、イノベーションが達成した後には不況が来ることは避けられないとも述べています。

経済成長を停滞させるのは、一般的に投資機会の枯渇が原因と考えられています。ですが、シュンペーターはイノベーションによって新しい投資機会が必ず生まれると考え、経済成長を停滞させる本当の原因は少子化と指摘します。

イノベーションの発生には個人の衝突が欠かせないため、人口が減ればイノベーションが発生する確率も低下するとシュンペーターは唱えています。このようにイノベーションの発生は社会と深く関わり、イノベーションの発展には人口や経済状況、社会の価値観などが影響すると言えるでしょう。

スポンサーリンク

この記事を読んだ人は次の記事も読んでいます

ランチェスター戦略から学ぶ

  1. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    接近戦〜ランチェスター戦略 ランチェスター戦略は強者にも弱者にも当てはまる汎用性の高い戦略です…
  2. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    局地戦〜ランチェスター戦略 ビジネスで成功したいという思いは、ビジネスマンであれば誰でも抱いて…
  3. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    一騎打ち〜ランチェスター戦略 ランチェスター戦略において弱者が強者を打ち破る方法の一つとされる…
  4. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    弱者の戦略〜ランチェスター戦略 経営戦略や事業戦略を策定する場合には、自社の立場や強み弱みを認…

戦いの勝因敗因から学ぶ

  1. 西南戦争|勝因・敗因
    西南戦争 西郷隆盛の敗因 西南戦争とは、1877年に薩摩士族が起こした大規模な反乱です。薩摩士…
  2. 鳥羽伏見の戦い|勝因・敗因
    鳥羽伏見の戦い 旧幕府軍の敗因 鳥羽伏見の戦いとは、新政府軍が勝利して、旧幕府軍が敗退すること…
  3. 官渡の戦い|勝因・敗因
    官渡の戦い 袁紹軍の敗因 官渡の戦いは、西暦200年の三国時代に起こった圧倒的な大軍を抱える袁…
  4. 奉天会戦|勝因・敗因
    奉天会戦 ロシア軍の敗因 奉天会戦は、日露戦争における最後の会戦です。中国の奉天(現在の瀋陽)…
  5. ワーテルローの戦い|勝因・敗因
    ワーテルローの戦い ナポレオン軍の敗因 ワーテルローの戦いは、1815年6月18日に起きたフラ…

孫子の兵法から学ぶ

  1. 孫子の兵法
    算多きは勝ち、算少なきは勝たず 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵…
  2. 孫子の兵法
    兵は拙速を聞くも、未だ功の久しきをみざる 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武…
  3. 孫子の兵法
    彼を知り己を知れば百戦危うからず 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた…
  4. 孫子の兵法
    勝兵は鎰を以て銖を称るがごとく 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵…
  5. 孫子の兵法
    戦いは正を以って合い、奇を以って勝つ 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書…
ページ上部へ戻る