カーボンプライシングとは?

カーボンプライシングとは

最近は、日本でもカーボンプライシングの導入に注目が集まっています。

カーボンプライシングとは、炭素価格制度のことで、排出権取引制度や炭素税など、炭素排出にコストを設定し、排出削減に対する経済的なインセンティブを創り出し、気候変動の対応を促す仕組みです。

カーボンプライシングには、政府規制による施策と、民間企業が自発的に行うものがあります。民間企業が行うものは、炭素価格が現在や将来の活動に対して与える影響を明らかにして、自主的に炭素に価格付けを行います。

カーボンプライシング施策には、炭素税排出量取引があります。政府が長期的に炭素価格の狙いを設定し、それを炭素税や排出量取引制度を利用して実現することにより、人為的に炭素に価格を付けて高くして企業の削減行動を促すのです。

炭素税というのは、炭素の排出量に対して課税されます。地球温暖化対策のための税は、炭素税に分類されており、世界の炭素税の中でも最も低い水準となっていると指摘されています。

市場に任せずに人為的に炭素に価格を付けて値段を高くすれば、企業が削減行動を取るというのが、カーボンプライシングの考え方です。昔、石油危機が起きた時に、化石燃焼の購入費用が上がり、積極的な省エネ投資が行われましたが、これもモデルケースになります。

企業の省エネ投資の促進が期待されており、注目を集めていますが、企業の事業活動は国内に留まらず海外でも行われています。国境を越えて事業を行っている企業に炭素税を課税すると、企業が生産拠点を海外へ移してしまうのではないかという懸念もあります。

カーボンプライシングによって、排出削減行動が促されるのか、日本全体の意見をまとめるには、慎重な議論が求められています。

日本の環境省は、温室効果ガスを2050年までに現在より8割削減するという目標の達成には、カーボンプライシングの導入が必要だと前向きに検討しています。一方、経済産業省は、ヨーロッパでのカーボンプライシングの導入事例を考慮して、課題を出していく予定です。

環境省は、専門家の検討会を立ち上げて、導入に向けての考えをまとめることにしています。検討会には、環境、経済、財政の専門家が参加して、家庭や企業に対して、負担をどのくらい求めるのか、また経済が停滞しないようにどのようにバランスを取っていくか、について議論する予定となっています。

いれにしても、カーボンプライシングを導入するとなれば、家計や企業経営にも何らかの影響が出てきます。今後のカーボンプライシングの論議について注視が必要でしょう。

スポンサーリンク

ランチェスター戦略から学ぶ

  1. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    局地戦〜ランチェスター戦略 ビジネスで成功したいという思いは、ビジネスマンであれば誰でも抱いて…
  2. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    ランチェスター戦略とは ほとんどの産業においては、数社のトップ企業がシェアのほとんどを分け合い…
  3. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    接近戦〜ランチェスター戦略 ランチェスター戦略は強者にも弱者にも当てはまる汎用性の高い戦略です…
  4. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    一騎打ち〜ランチェスター戦略 ランチェスター戦略において弱者が強者を打ち破る方法の一つとされる…

戦いの勝因敗因から学ぶ

  1. 官渡の戦い|勝因・敗因
    官渡の戦い 袁紹軍の敗因 官渡の戦いは、西暦200年の三国時代に起こった圧倒的な大軍を抱える袁…
  2. マラトンの戦い
    マラトンの戦い ギリシャ連合軍の勝因 今を遡ること2500年以上前、紀元前490年9月12日。…
  3. 鳥羽伏見の戦い|勝因・敗因
    鳥羽伏見の戦い 新政府軍の勝因 鳥羽伏見の戦いは、慶応4年、明治元年に開始された旧幕府勢力の終…
  4. アウステルリッツの戦い|勝因・敗因
    アウステルリッツの戦い ナポレオン軍の勝因 アウステルリッツの戦いとは、1805年12月2日に…
  5. ワーテルローの戦い|勝因・敗因
    ワーテルローの戦い ナポレオン軍の敗因 ワーテルローの戦いは、1815年6月18日に起きたフラ…

孫子の兵法から学ぶ

  1. 孫子の兵法
    勝兵は鎰を以て銖を称るがごとく 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵…
  2. 孫子の兵法
    算多きは勝ち、算少なきは勝たず 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵…
  3. 孫子の兵法
    彼を知り己を知れば百戦危うからず 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた…
  4. 孫子の兵法
    善く戦うものは、勝ち易きに勝つ者なり 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書…
  5. 孫子の兵法
    勝つべからざる者は守なり 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵法書で…
ページ上部へ戻る