グレイ法とは?

グレイ法とは

グレイ法とは、「灰色理論」とも呼ばれ、過去のデータをもとにして、その後のデータを予測するための分析手法です。

現代は高度な情報化社会となり、大量のデータを分析して有益な情報を抽出することが非常に重要となっていますが、「グレイ法」はその中でも特に広く利用されている分析手法の一つです。

グレイ法では、情報の明確さに準じて色分けをするのが特徴であり、明確なデータを白色、不明なデータを黒色と定義します。

大量のデータがある場合、明白でも不明確でもない曖昧なデータが混じっていることがありますが、このようなビッグデータにおけるリスクファクターとなりうるデータを「灰色」と定義して、「白色データ」と「黒色データ」を利用して灰色のグレイデータを予測する手法が「グレイ法」です。

近年、グレイ法は意思決定の分野で注目を集めていて、サプライヤーの選定、分類アルゴリズムの評価と選択、医療診断、作業安全性、ポートフォリオ選択等に利用されるようになってきています。

実際の分析作業においては、効率的に分析を行なうために一般には「グレイ法予測プログラム」を使用します。

グレイ法(灰色理論)は多くの分野で用いられていますが、大量のデータに混じる灰色データを分析することによる「リスクマネジメントの手法」として活用されることも少なくありません。

ただし、グレイ法はあくまでも意思決定の支援に資する理論であると言えます、信頼性の高い結果を得るためには、多面的な分析が必要となるため、実際にはグレイ法だけで分析を行なうことはあまりなく、他の分析手法と組み合わせて用いるケースが多くなります。

また、分析方法によって分野ごとの予測の精度に違いが見られることもあり、分析対象がグレイ法による予測が適しているかどうかをまず判断することが大切です。グレイ法が適している対象であると判断した上で予測プログラムを実行すべきでしょう。

スポンサーリンク

ランチェスター戦略から学ぶ

  1. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    弱者の戦略〜ランチェスター戦略 経営戦略や事業戦略を策定する場合には、自社の立場や強み弱みを認…
  2. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    ランチェスター戦略とは ほとんどの産業においては、数社のトップ企業がシェアのほとんどを分け合い…
  3. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    接近戦〜ランチェスター戦略 ランチェスター戦略は強者にも弱者にも当てはまる汎用性の高い戦略です…
  4. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    一騎打ち〜ランチェスター戦略 ランチェスター戦略において弱者が強者を打ち破る方法の一つとされる…

戦いの勝因敗因から学ぶ

  1. 井陘の戦い(せいけいの戦い)|韓信の勝因と趙軍の敗因
    井陘の戦い(せいけいの戦い)勝因と敗因 井陘の戦い(せいけいの戦い)とは、紀元前204年10月…
  2. マラトンの戦い
    マラトンの戦い ギリシャ連合軍の勝因 今を遡ること2500年以上前、紀元前490年9月12日。…
  3. 鳥羽伏見の戦い|勝因・敗因
    鳥羽伏見の戦い 新政府軍の勝因 鳥羽伏見の戦いは、慶応4年、明治元年に開始された旧幕府勢力の終…
  4. トラファルガーの海戦|イギリス海軍の勝因とフランス・スペイン連合艦隊の敗因
    トラファルガーの海戦 スペイン・フランス連合艦隊の敗因 トラファルガーの海戦は、1805年にス…
  5. 鳥羽伏見の戦い|勝因・敗因
    鳥羽伏見の戦い 旧幕府軍の敗因 鳥羽伏見の戦いとは、新政府軍が勝利して、旧幕府軍が敗退すること…

孫子の兵法から学ぶ

  1. 孫子の兵法
    戦いは正を以って合い、奇を以って勝つ 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書…
  2. 孫子の兵法
    上兵は謀を伐つ 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵法書です。 …
  3. 孫子の兵法
    兵は拙速を聞くも、未だ功の久しきをみざる 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武…
  4. 孫子の兵法
    百戦百勝は善の善なるものに非ず 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵…
  5. 孫子の兵法
    勝兵は鎰を以て銖を称るがごとく 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵…
ページ上部へ戻る