コンティンジェンシー理論とは?コンティンジェンシー理論とは、ビジネスなどの世界において、どのような状況においても同じように適合するようなリーダーシップは存在しないという考えであり、環境に応じて組織としての在り方を、常に変化させていく事が必要不可欠であるという理論になります。

世の中には、常に全く同じ環境というものはなく、作り出す人や仕事の内容などにおいて、様々なシチュエーションや条件が起こるものです。

それをまとめる上で、ある場所でうまくいったからといって、それと同じ状況や戦術で次の場所を解決していこうとしても、決して同じようにはいかないという経験が誰にでもあると思います。これが「コンティンジェンシー理論」です。

コンティンジェンシー理論は条件適合理論とも同様の考え方であり、常におかれた環境における変化と、その対応力が求められるというわけです。

この様な理論は、一企業だけにいえる事ではなく、社会全体を支えていく上でも非常に重要となる考えであり、時代は常に新しい物を求めて変化しているのだ、という事を唱えているといえます。

そして、それに対応しながら時代に合った切り口を見つけていく事こそが、良い社会を築き上げる術であると言えるでしょう。

リーダーとして上に立つ者には、いつも同じではなく、その時その場所その人々によって、たえず戦略を変えていけるだけの手腕が求められていて、まさにそれこそが「コンティンジェンシー理論」なのです。

しかし、こういった考え方を上手に進めていく事は、実はとても難しい事であると考えられます。

何故ならこれを実践していく為には、その特定の環境と特定の組織について幅広い知識と、深い理解力を持っていなければいけないからです。その上でしっかりと実証研究を重ね、その結果に基づいている戦術である事が求められるのです。

常に環境や組織の関係を把握し、より注意を払う事で、変化に対応していくだけのリーダーシップ力が備わっていくといえるでしょう。

コンティンジェンシー理論は、本当に素晴らしい理論ですが、それと同時にとても実行する事が難しい理論でもあります。

しかし時代の変化に飲み込まれる事なく、常に時代の一歩手前を進んでいく為には、やはりこの難しい理論を上手に実践していく事が求められているのです。

企業や社会をより良い物にしていく為に、普遍的な理論に惑わされる事なく、見極める目の肥えたリーダーの育成が重要だといえます。

ページ上部へ戻る