パーセプションチェンジとは?

パーセプションチェンジとは

パーセプションというのは、日本語で言い換えるならば「意識」や「認識」ということになります。チェンジは「変える」ですから、つまり、パーセプションチェンジとは「意識や認識を変える」ということです。

例を挙げるならば、コマーシャルなどで商品の名前を連呼したり、とにかく商品の露出を高めたり、人気のタレントをイメージキャラクターに起用したりすることでも「パーセプションチェンジ」は起こりえます。インターネットなら、バナーやリスティングの集中出稿でも同様です。

このように、消極的な意味でいうならば、全ての広告は「パーセプションチェンジ」が可能である、ということになるのですが、積極的な意味でいうならば、パーセプションチェンジは、劇的な意識や認知の転換といったようなニュアンスを持った用語です。

広告は「パーセプションチェンジが全て」とよく言われています。要するに、とある広告を流した際に、その広告を見た対象者の意識に何らかの変化を起こすことができなかったならば、広告として存在しなかったことも同然である、ということです。

とある商品のコマーシャルを作ることになった場合に、作成して流したのにも関わらず、その商品が全く売れなかったとしても、その広告を見た消費者の意識の中にそのブランドのイメージを作ることができたならば、ある意味ではパーセプションチェンジができたと言えるでしょう。

なぜなら、広告により全くその商品に対する意識がなかった人にそのブランドを意識させることに成功しているからです。

逆にいうと、その広告を見た消費者に対して少しの印象やイメージすら与えることのできない広告は、存在する意味がないということです。

当然のことではありますが、商品をプロモーションするときに使用する情報そのものには「ファクト(事実)」が存在するわけなので、そこの範囲を逸脱してしまう情報というのは広告として作ることはできませんが、ファクトを構成しているそれぞれの要素のどこにどのくらい比重をおいて、それぞれの属性に伝えていけばパーセプションチェンジを起こすために有効となるのかは、ターゲット分析によって導き出されることになります。

社会というものは、非常に多種多様な属性によって構成されているものです。そのことを真摯に理解することが、パーセプションチェンジを起こすためには大切なことです。そして、それぞれの属性の生活者に対して、伝えたいことを範囲内を逸脱することのないよう加工し、それを伝えていく努力と工夫が必要となります。

ページ上部へ戻る