プロ棋士が将棋ソフトでカンニング!?人工知能進歩で思うこと

プロ棋士が将棋ソフトでカンニング!?人工知能進歩で思うこと

プロ棋士が将棋ソフトでカンニング!?

将棋界のプロ棋士、三浦弘行九段が対局中に将棋ソフトを使って“カンニング”していたのでは、という疑惑が持ち上がっています。

三浦弘行九段といえば、最高段位である「九段」が示す通り、あの羽生善治九段を破ったことがあるほどの実力を持った天才プロ棋士です。三浦弘行九段は将棋の七大タイトルのうちの一つである竜王戦で、渡辺明竜王への挑戦者として決まっていたということもあって、「将棋ソフトを使ったカンニング疑惑」には、将棋界に止まらず、驚きの声が上がっています。

三浦弘行九段は対局の際、頻繁に席を外していたことから「将棋ソフトを使ったカンニング疑惑」につながったようですが、真偽のほどは別にして、ここ数年で急激に進歩しつつある人工知能(AI)について考えてみます。

将棋・囲碁・チェスといえば、頭脳のスポーツと言われます。将棋ソフト・囲碁ソフト・チェスソフトが世の中に出てきて久しいですが、従来は、プロに勝つことは難しいと言われていた将棋や囲碁でも、エキジビションとしての対局ですが、プロ棋士に勝つ将棋ソフト・囲碁ソフトも出てくるようになりました。

現時点では、将棋や囲碁において、ソフトの実力はトップ棋士レベルには少し足りないくらいかと思いますが、あと数年も経てば、実力的にプロ棋士を凌駕する日が来るでしょう。

プロ棋士だけでなく、過去の経験・知識やある特定のルールを元に判断するような仕事、例えば士業系の仕事などは、将来的に人工知能に職を取られるというセンセーショナルな内容のレポートも目にするようになりましたが、これからの人の働き方を考える時期に差し掛かってきているのかもしれません。

おそらく、今現在、人が行っている仕事とは、過去の経験や知識やルールを元に行っている業務がほとんどでしょう。単純に、人工知能(AI)を開発する人と、人工知能(AI)に置き換えられる人に分けられるわけではありませんが、“正しい判断”は、人工知能に劣ってしまうかもしれません。

その中で、“正しい判断”をどう活用するか、“正しい判断”を知った上で自分がどう行動していくのか、といったことが求められていくような気がします。

私自身経営者ですが、経営者が一番人工知能に置き換えられる仕事なのかもしれません。人工知能に置き換えられないように注意したいものです。

 

次は「将棋と人工知能AI〜プロ将棋は人類最強決定戦で良い」を見てみる

スポンサーリンク

ランチェスター戦略から学ぶ

  1. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    接近戦〜ランチェスター戦略 ランチェスター戦略は強者にも弱者にも当てはまる汎用性の高い戦略です…
  2. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    局地戦〜ランチェスター戦略 ビジネスで成功したいという思いは、ビジネスマンであれば誰でも抱いて…
  3. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    一騎打ち〜ランチェスター戦略 ランチェスター戦略において弱者が強者を打ち破る方法の一つとされる…
  4. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    弱者の戦略〜ランチェスター戦略 経営戦略や事業戦略を策定する場合には、自社の立場や強み弱みを認…

戦いの勝因敗因から学ぶ

  1. ワーテルローの戦い|勝因・敗因
    ワーテルローの戦い ナポレオン軍の敗因 ワーテルローの戦いは、1815年6月18日に起きたフラ…
  2. 奉天会戦|勝因・敗因
    奉天会戦 日本軍の勝因 奉天会戦は日露戦争における最後であり最大の会戦です。 大日本帝国…
  3. 関ヶ原の戦い|勝因・敗因
    関ヶ原の戦い 東軍の勝因 関ヶ原の戦いとは、1600年10月21日に現在の岐阜県関ヶ原町で行わ…
  4. 西南戦争|勝因・敗因
    西南戦争 西郷隆盛の敗因 西南戦争とは、1877年に薩摩士族が起こした大規模な反乱です。薩摩士…
  5. 井陘の戦い(せいけいの戦い)|韓信の勝因と趙軍の敗因
    井陘の戦い(せいけいの戦い)勝因と敗因 井陘の戦い(せいけいの戦い)とは、紀元前204年10月…

孫子の兵法から学ぶ

  1. 孫子の兵法
    彼を知り己を知れば百戦危うからず 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた…
  2. 孫子の兵法
    百戦百勝は善の善なるものに非ず 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵…
  3. 孫子の兵法
    孫子の七計 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵法書です。 そ…
  4. 孫子の兵法
    風林火山 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵法書です。 その…
  5. 孫子の兵法
    勝兵は鎰を以て銖を称るがごとく 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵…
ページ上部へ戻る