ペイドメディアとは?ペイドメディアとは、簡単に言えば、お金を支払って広告を掲載する従来型のメディアのことで、トリプルメディア(ペイドメディア:買うメディア/オウンドメディア:所有するメディア/アーンドメディア:信用・評判を得るメディア)の一つです。

ペイドメディアは、広告費用を支払って掲載してもらうタイプですから雑誌広告やCMなどがそれに該当し、テレビやラジオや新聞や雑誌といったメディアがペイドメディアとなり、最近ではインターネットに掲載される広告もペイドメディアに分類されます。

また、形態は少し違いますが、イベントを行なう時のスポンサーシップもペイドメディアに分類されます。

この手の広告は多くの方に商品や製品やサービスを消費者に認知させてもらうためにあります。そのために多くの方が見ることや聞くことができるテレビやラジオや新聞だけでなく、能動的になりますが出版物と関係した広告を打つことによって効果を強く出せる雑誌広告、広く浅く宣伝して自分が見た興味ある広告を優先的に表示させることもできるインターネット広告、現実的に広く知らせることができるイベントのスポンサーシップ等さまざまな形で宣伝ができます。

特に不特定多数の方の目に留まるという点でペイドメディアは強い力を持っており、既存の顧客だけではなく潜在的な消費者に対して強く訴えることができるのがペイドメディアの特徴です。また全く知らない人に対しても接点を作ることが容易に可能なのも強さの一つであり、自社の商品やサービスを広く知ってもらうために有効的な方法と言えます。

一方、ペイドメディアのデメリットになっているのが広告費です。

広く宣伝することによって広告効果を高くあげられますが、多大な費用が掛かってしまい実際の売り上げや認知に上手く貢献しないと費用だけがかさんでしまいます。それに広く知らせることができても一方的なコミュニケーションになることも多く、無関心な人にとっては意味のないことにもなりがちです。

このようなペイドメディアのデメリットの部分を知った上で、上手く宣伝することによってデメリットを最小限にすることができるでしょう。

ペイドメディアはさまざまな方の目や耳に触れることができるメディアが媒体となっていますが、現在の世の中だと趣味や価値観が多様化しており、昔ほど高い広告効果があげられなくなっているのが現実になります。

そのためペイドメディアだけで宣伝していくのではなく、アーンドメディアオウンドメディアと上手く組み合わせることによって効率的に効果的に多くの方にアプローチしていくことが重要となってきます。

マーケティングに役立つ用語がここに・・・

次は「役立つ用語集」を見てみる

ページ上部へ戻る