故事成語

仁者は憂えず

仁者は憂えず(じんしゃはうれえず)

古来より、人は自らの教訓を言葉で残し、古人の知恵や経験を「故事成語・ことわざ」として現代に伝えてきました。

その中から、時を超えて、人生に様々な示唆を与えてくれる「故事成語・ことわざ」を独断と偏見で選んでみました。きっとビジネスだけでなく、人生においても参考になるでしょう。

今回選んだのは、

仁者は憂えず(じんしゃはうれえず)

という中国の有名な古書「論語」が出典の故事成語です。

「仁者は憂えず(じんしゃはうれえず)」とは

「仁者は憂えず(じんしゃはうれえず)」とは、
「自分よりも他人を思いやることができる人(=仁者)は思い悩むことがない」という意味です。

では、出典となった「論語」の一節を見てみましょう。

子曰わく、知者は惑わず、仁者は憂えず、勇者は懼れず。

とあり、現代文に訳すなら、

孔子が言うには「知者はあれこれ判断に迷う事はない。仁者はくよくよ悩む事はない。勇者はおじけづくことはない」

といった感じになります。

「仁者は憂えず」の一節では「物事の道理を知り、私欲がなく人に尽くし、人のために身を投げだせる人は、迷うことも、悩むことも、恐れることもない」と孔子は言っています。

私のような俗人にとっては耳の痛い言葉ですが、迷いや悩みや恐れに振り回されないようにしたいものです。

 

人生に役立つ言葉を見てみよう・・・

役立つ用語集「故事成語・ことわざ」を見てみる

ページ上部へ戻る