仮想通貨コインチェック〜CMが流れた時が

仮想通貨コインチェック〜CMが流れた時が

コインチェックの資金流出

仮想通貨取引所大手のコインチェックで仮想通貨NEM 約580億円相当が流出し、取引が停止に追い込まれました。

コインチェックといえば、最近テレビCMが頻繁に流れていましたが、テレビCMや電車の中吊りなどのマス媒体で頻繁に広告を打つということは「積極的に拡販しないといけない事情がある」ということでもあります。

売れるものは大して宣伝しなくても売れるわけで、最近、よくCMやポスターを目にするという場合は、あまりよくない結末に終わることが多いのが実情です。

例えば最近だと、電車の中吊り広告やテレビCMを頻繁に流した女性脱毛サロンのミュゼプラチナムは任意整理になりましたし、弁護士法人 アディーレ法律事務所は業務停止処分を受けました。無理をして拡販すると、その反動は必ずあります。

経営に透明性がなければないほど、テレビCMなどのマス媒体への過度な露出は怪しいと見るべきで、おそらくコインチェックも、そろそろ問題が起こる頃だと個人的には見ていました。

仮想通貨自体も下火に

昨年末くらいから、テレビや書籍などのマスメディアで「億り人」などと、仮想通貨を取り上げられることが増えていましたが、マスメディアで露出が増えるのも同様です。

今の時代、マスメディアが取り上げる時には、すでに旬は終わりつつあると見るべきです。仮想通貨はあくまで “仮想” のものであり、誰もその信用を裏付けしてくれる人はいないということを理解しておかなければなりません。

かつてあった「円天」のように、仮想通貨で物が買えるような仮想通貨の独自ECマーケットを構築する動きも最近耳にしますが、いかに強固なセキュリティを誇っていても、その価値の後ろ盾になり信用を与える組織や国がなければ、仮想通貨はあくまで “仮想” でしかありません。

今回のコインチェックのようなことはまた起こるでしょうし、同じことが起きても投資資金の保全は期待できないのですから、仮想通貨はいずれ下火になると考えておいた方が良さそうです。

ランチェスター戦略から学ぶ

  1. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    一騎打ち〜ランチェスター戦略 ランチェスター戦略において弱者が強者を打ち破る方法の一つとされる…
  2. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    接近戦〜ランチェスター戦略 ランチェスター戦略は強者にも弱者にも当てはまる汎用性の高い戦略です…
  3. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    ランチェスター戦略とは ほとんどの産業においては、数社のトップ企業がシェアのほとんどを分け合い…
  4. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    局地戦〜ランチェスター戦略 ビジネスで成功したいという思いは、ビジネスマンであれば誰でも抱いて…

戦いの勝因敗因から学ぶ

  1. 姉川の戦い|織田信長の勝因と浅井氏朝倉氏の敗因
    姉川の戦い 勝因と敗因 1570年に起きた姉川の戦いでは、織田信長、徳川家康の連合軍が、浅井長…
  2. 井陘の戦い(せいけいの戦い)|韓信の勝因と趙軍の敗因
    井陘の戦い(せいけいの戦い)勝因と敗因 井陘の戦い(せいけいの戦い)とは、紀元前204年10月…
  3. ゲティスバーグの戦い|勝因・敗因
    ゲティスバーグの戦い 北軍の勝因 ゲティスバーグの戦いとは、1836年7月1日から7月3日に起…
  4. 鳥羽伏見の戦い|勝因・敗因
    鳥羽伏見の戦い 旧幕府軍の敗因 鳥羽伏見の戦いとは、新政府軍が勝利して、旧幕府軍が敗退すること…
  5. 官渡の戦い|勝因・敗因
    官渡の戦い 袁紹軍の敗因 官渡の戦いは、西暦200年の三国時代に起こった圧倒的な大軍を抱える袁…

孫子の兵法から学ぶ

  1. 孫子の兵法
    彼を知り己を知れば百戦危うからず 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた…
  2. 孫子の兵法
    勝つべからざる者は守なり 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵法書で…
  3. 孫子の兵法
    孫子の七計 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵法書です。 そ…
  4. 孫子の兵法
    風林火山 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵法書です。 その…
  5. 孫子の兵法
    孫子の五事 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵法書です。 そ…
ページ上部へ戻る