利を以て之を動かし、卒を以て之を待つ|孫子の兵法

孫子の兵法

利を以て之を動かし、卒を以て之を待つ|孫子の兵法

利を以て之を動かし、卒を以て之を待つ

「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵法書です。

その中から、今回は孫子にある「利を以て之を動かし、卒を以て之を待つ」という有名な言葉を見てみることにしましょう。

善く敵を動かす者は、これに形すれば敵必ずこれに従い、これに予うれば敵必ずこれを取る。
利を以て之を動かし、卒を以て之を待つ。

が「利を以て之を動かし、卒を以て之を待つ」のくだりですが、現代語訳にすると、

敵を誘い出すのが上手な者は、敵に動かざるを得ないような態勢を作り出し、敵に有利なエサを与えるふりをして、おびき出す。そして、おびき出した敵に対して打撃を与える。

という意味になります。

中小企業の経営においては、敵をおびき出して叩くような局面は少ないですが、ビジネスの相手に一見有利な条件を見せ、動かざるを得ないような態勢を作り出すことは時に必要です。

例えば、
「利を以て之を動かし、卒を以て之を待つ」を「取引相手が動かざるを得ないような態勢を作り出し、相手に有利なエサを与えるふりをして、誘い出す。そして、誘い出した取引先に対して有利に商談を進める。」と読み変えてみると、しっくりくるかもしれません。

常に正面突破をするだけでなく、キーパーソンや相手企業の悩みを把握した上で、搦め手から攻めることで、相手を商談の場に自然な形で引っ張り出すことを含めて、知恵を絞っていくべきでしょう。

孫子の兵法から勝ち方を学ぼう・・・

次は「孫子の兵法 一覧」を見てみる

スポンサーリンク

ランチェスター戦略から学ぶ

  1. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    接近戦〜ランチェスター戦略 ランチェスター戦略は強者にも弱者にも当てはまる汎用性の高い戦略です…
  2. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    一騎打ち〜ランチェスター戦略 ランチェスター戦略において弱者が強者を打ち破る方法の一つとされる…
  3. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    ランチェスター戦略とは ほとんどの産業においては、数社のトップ企業がシェアのほとんどを分け合い…
  4. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    弱者の戦略〜ランチェスター戦略 経営戦略や事業戦略を策定する場合には、自社の立場や強み弱みを認…

戦いの勝因敗因から学ぶ

  1. ゲティスバーグの戦い|勝因・敗因
    ゲティスバーグの戦い 南軍の敗因 ゲティスバーグの戦いとは、1836年7月1日から7月3日にか…
  2. 奉天会戦|勝因・敗因
    奉天会戦 日本軍の勝因 奉天会戦は日露戦争における最後であり最大の会戦です。 大日本帝国…
  3. 鳥羽伏見の戦い|勝因・敗因
    鳥羽伏見の戦い 旧幕府軍の敗因 鳥羽伏見の戦いとは、新政府軍が勝利して、旧幕府軍が敗退すること…
  4. 奉天会戦|勝因・敗因
    奉天会戦 ロシア軍の敗因 奉天会戦は、日露戦争における最後の会戦です。中国の奉天(現在の瀋陽)…
  5. 姉川の戦い|織田信長の勝因と浅井氏朝倉氏の敗因
    姉川の戦い 勝因と敗因 1570年に起きた姉川の戦いでは、織田信長、徳川家康の連合軍が、浅井長…

孫子の兵法から学ぶ

  1. 孫子の兵法
    善く戦うものは、勝ち易きに勝つ者なり 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書…
  2. 孫子の兵法
    勝つべからざる者は守なり 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵法書で…
  3. 孫子の兵法
    百戦百勝は善の善なるものに非ず 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵…
  4. 孫子の兵法
    孫子の七計 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵法書です。 そ…
  5. 孫子の兵法
    算多きは勝ち、算少なきは勝たず 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵…
ページ上部へ戻る