勇猛果敢(ゆうもうかかん)

故事成語

勇猛果敢(ゆうもうかかん)

勇猛果敢(ゆうもうかかん)

古来より、人は自らの教訓を言葉で残し、古人の知恵や経験を「故事成語・ことわざ」として現代に伝えてきました。

その中から、時を超えて、人生に様々な示唆を与えてくれる「故事成語・ことわざ」を独断と偏見で選んでみました。きっとビジネスだけでなく、人生においても参考になるでしょう。

今回選んだのは、

勇猛果敢(ゆうもうかかん)

という中国の古書「漢書」が出典の故事成語です。

「勇猛果敢(ゆうもうかかん)」とは

「勇猛果敢(ゆうもうかかん)」とは、
「勇気を持ち、思い切りよく物事や相手に立ち向かっていくこと」です。

では、出典となった「漢書」の一節を見てみましょう。

みな内に不仁の性有りて、外に俊材人に過絶する有り。勇猛果敢、事に処して疑わず

とあり、現代文に訳すなら、

皆、内面に人徳はありませんが、外面は優れた才能を持っているように見えます。
人の道を外れ、匹夫の勇で疑いもなく力に訴えます。

といった感じになります。

現代では、良い意味で使われることが多い「勇猛果敢」という言葉ですが、出典となった「漢書」の一説では、悪い意味で使われています。

決断力を持って行動するにも、基本となる考え方がズレていると、かえって逆効果になるということでしょう。

 

人生に役立つ言葉を見てみよう・・・

役立つ用語集「故事成語・ことわざ」を見てみる

ページ上部へ戻る