「北朝鮮弾道ミサイル落下時の行動」政府CM始まる

北朝鮮から弾道ミサイルが発射された時に取るべき行動

「北朝鮮弾道ミサイル落下時の行動」政府CM始まる6月23日より、北朝鮮弾道ミサイルを想定した「北朝鮮弾道ミサイル落下時の行動」について、政府からのテレビCMが流れ始めました。この政府からのテレビCMは 2週間の予定(6月23日〜7月6日)で流されるとのことです。

【政府CM:「弾道ミサイル落下時の行動」篇

北朝鮮が長距離弾道ミサイルと核兵器の開発を止めない限り、核ミサイルの脅威が現実のものとなりつつあるアメリカによる北朝鮮への攻撃は早晩起こると考えていますが、想像以上に事態は切迫してきているようです。

米中首脳会談後における中国主導での事態解決も進展が見られない状況で、徐々に対話による解決の可能性は低くなってきています。実際、アメリカのトランプ大統領は、北朝鮮への働きかけを行った中国への謝意と合わせて、働きかけがうまくいかなかったことをツイッター上で明らかにしています。

また、北朝鮮で拘束されたアメリカ人男性が意識不明で解放後に亡くなるという事件が起こったことで、アメリカが北朝鮮を攻撃する大義名分が生まれたことも気になるところです。

時間が経てば経つほど、アメリカへの核ミサイルの脅威は増す状態で、来年になれば、韓国で平昌オリンピックが控えていることを勘案すると、アメリカによる北朝鮮への攻撃のタイミングとしては、7月中旬〜9月の可能性が高そうです。

今の日米関係を考えると、幸いにも北朝鮮への攻撃前にアメリカ側からの事前情報は得られる状態だと思いますので、今回の政府CMについても、唐突感を持って見るのではなく、現実に起きる可能性が高いこととしてしっかりと受け止めるべきでしょう。

私たちとしても、北朝鮮有事の際にミサイル攻撃を受けることを想定して、自らの身を守るために準備を進めておくようにしましょう。

【関連記事:ミサイル攻撃への備え〜準備する事まとめ

スポンサーリンク

ランチェスター戦略から学ぶ

  1. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    弱者の戦略〜ランチェスター戦略 経営戦略や事業戦略を策定する場合には、自社の立場や強み弱みを認…
  2. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    一騎打ち〜ランチェスター戦略 ランチェスター戦略において弱者が強者を打ち破る方法の一つとされる…
  3. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    接近戦〜ランチェスター戦略 ランチェスター戦略は強者にも弱者にも当てはまる汎用性の高い戦略です…
  4. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    ランチェスター戦略とは ほとんどの産業においては、数社のトップ企業がシェアのほとんどを分け合い…

戦いの勝因敗因から学ぶ

  1. 西南戦争|勝因・敗因
    西南戦争 西郷隆盛の敗因 西南戦争とは、1877年に薩摩士族が起こした大規模な反乱です。薩摩士…
  2. 井陘の戦い(せいけいの戦い)|韓信の勝因と趙軍の敗因
    井陘の戦い(せいけいの戦い)勝因と敗因 井陘の戦い(せいけいの戦い)とは、紀元前204年10月…
  3. ゲティスバーグの戦い|勝因・敗因
    ゲティスバーグの戦い 北軍の勝因 ゲティスバーグの戦いとは、1836年7月1日から7月3日に起…
  4. 木崎原の戦い
    木崎原の戦い 島津軍の勝因 木崎原の戦いは、1572年6月14日に南九州で起きた島津氏と伊東氏…
  5. 桶狭間の戦い|勝因・敗因
    桶狭間の戦い 今川義元の敗因 桶狭間の戦いは、1560年6月12日に行われた今川義元軍と織田信…

孫子の兵法から学ぶ

  1. 孫子の兵法
    兵は拙速を聞くも、未だ功の久しきをみざる 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武…
  2. 孫子の兵法
    勝兵は鎰を以て銖を称るがごとく 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵…
  3. 孫子の兵法
    善く戦うものは、勝ち易きに勝つ者なり 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書…
  4. 孫子の兵法
    算多きは勝ち、算少なきは勝たず 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵…
  5. 孫子の兵法
    上兵は謀を伐つ 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵法書です。 …
ページ上部へ戻る