南船北馬(なんせんほくば)

故事成語
<スポンサーリンク>

イオンシネマで映画を1000円で見る裏技とは?
年間50回使え、同伴者も1000円で!

南船北馬(なんせんほくば)

南船北馬(なんせんほくば)

古来より、人は自らの教訓を言葉で残し、古人の知恵や経験を「故事成語・ことわざ」として現代に伝えてきました。

その中から、時を超えて、人生に様々な示唆を与えてくれる「故事成語・ことわざ」を独断と偏見で選んでみました。きっとビジネスだけでなく、人生においても参考になるでしょう。

今回選んだのは、

南船北馬(なんせんほくば)

という古代中国の有名な古書「淮南子」が出典の故事成語です。

「南船北馬(なんせんほくば)」とは

「南船北馬(なんせんほくば)」とは、
「あちこちを忙しく旅行すること」を指す言葉です。

では、出典となった「淮南子」の一節を見てみましょう。

胡人は馬に便に、越人は舟に便になり。
形を異にし類を殊にするもの、事を易ふれば而ち悖り、
處を失へば而ち賤しく、勢を得れば而ち貴し。

とあり、現代文に訳すなら、

北方の異族は馬に乗り慣れていて、南方の異族は船に乗り慣れている。
形や人種が違う者が仕事を替えれば失敗し、
適所を失えば馬鹿にされ、環境にうまく適合すれば勢いに乗って大切にされる。

といった感じになります。

出典となった淮南子での「南船北馬」の意味は、もともとは「適材適所」に近い意味だったようですが、中国の北方は荒野が多いので馬で移動し、南方は川が多いので船で移動したことから、現在の「あちこちを忙しく旅行する」という意味に変わっていったようです。

適材適所は人材活用のベースでもあります。昨今、人手不足が顕在化してきていますが、中小企業にとっては、社員の特徴を見極め、適材適所に配置する能力が問われてきているといっても良いでしょう。

 

人生に役立つ言葉を見てみよう・・・

役立つ用語集「故事成語・ことわざ」を見てみる

ランチェスター戦略から学ぶ

  1. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    局地戦〜ランチェスター戦略 ビジネスで成功したいという思いは、ビジネスマンであれば誰でも抱いて…
  2. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    接近戦〜ランチェスター戦略 ランチェスター戦略は強者にも弱者にも当てはまる汎用性の高い戦略です…
  3. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    一騎打ち〜ランチェスター戦略 ランチェスター戦略において弱者が強者を打ち破る方法の一つとされる…
  4. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    ランチェスター戦略とは ほとんどの産業においては、数社のトップ企業がシェアのほとんどを分け合い…

戦いの勝因敗因から学ぶ

  1. アウステルリッツの戦い|勝因・敗因
    アウステルリッツの戦い ナポレオン軍の勝因 アウステルリッツの戦いとは、1805年12月2日に…
  2. 木崎原の戦い
    木崎原の戦い 島津軍の勝因 木崎原の戦いは、1572年6月14日に南九州で起きた島津氏と伊東氏…
  3. 関ヶ原の戦い|勝因・敗因
    関ヶ原の戦い 東軍の勝因 関ヶ原の戦いとは、1600年10月21日に現在の岐阜県関ヶ原町で行わ…
  4. ゲティスバーグの戦い|勝因・敗因
    ゲティスバーグの戦い 北軍の勝因 ゲティスバーグの戦いとは、1836年7月1日から7月3日に起…
  5. 奉天会戦|勝因・敗因
    奉天会戦 日本軍の勝因 奉天会戦は日露戦争における最後であり最大の会戦です。 大日本帝国…

孫子の兵法から学ぶ

  1. 孫子の兵法
    勝つべからざる者は守なり 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵法書で…
  2. 孫子の兵法
    彼を知り己を知れば百戦危うからず 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた…
  3. 孫子の兵法
    上兵は謀を伐つ 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵法書です。 …
  4. 孫子の兵法
    風林火山 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵法書です。 その…
  5. 孫子の兵法
    孫子の五事 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵法書です。 そ…
ページ上部へ戻る