吉田松陰の名言・格言

偉人の名言・格言

吉田松陰の名言・格言

吉田松陰の名言・格言

古来より、人は自らの教訓を言葉で残し、「名言・格言」として伝わってきました。

その中から、時を超えて現代においても、人生に様々な示唆を与えてくれる「名言・格言」を独断と偏見で選んでみました。きっとビジネスだけでなく、人生においても参考になるでしょう。

今回は、吉田松陰の名言・格言をまとめてみます。

吉田松陰(1830年9月20日〜1859年11月21日:享年29歳)は、長州藩(今の山口県)の思想家・兵学者です。松下村塾で多くの若者に思想的な影響を与えた吉田松陰ですが、今の世でも色あせない数多くの名言・格言を残しています。

今回は、その中から、現代でも役立つ吉田松陰の名言・格言をピックアップしてみました。

吉田松陰の名言・格言

夢なき者に理想なし、理想なき者に計画なし、計画なき者に実行なし、実行なき者に成功なし。故に、夢なき者に成功なし。

一日一字を記さば一年にして三百六十字を得、一夜一時を怠らば、百歳の間三万六千時を失う。

大器をつくるには、いそぐべからずこと。

人間は皆なにほどかの純金を持って生まれている。聖人の純金もわれわれの純金も変わりはない。

過ちがないことではなく、過ちを改めることを重んじよ。

至誠にして動かざる者は、未だこれ有らざるなり。

今回は、吉田松陰の名言・格言をご紹介しましたが、皆さんの心に響く名言・格言はありましたか?偉人たちが試行錯誤し、彼らの人生が凝縮された名言・格言から学んで、自分たちの人生に活かせるといいですね。

偉人の名言・格言を見てみよう・・・

偉人の「名言・格言」を見てみる

ページ上部へ戻る