故事成語

君子危うきに近寄らず

君子危うきに近寄らず(くんしあやうきにちかよらず)

古来より、人は自らの教訓を言葉で残し、古人の知恵や経験を「故事成語・ことわざ」として現代に伝えてきました。

その中から、時を超えて、人生に様々な示唆を与えてくれる「故事成語・ことわざ」を独断と偏見で選んでみました。きっとビジネスだけでなく、人生においても参考になるでしょう。

今回選んだのは、

「君子危うきに近寄らず(くんしあやうきにちかよらず)」

という中国の古書「春秋 公羊伝」が出典の故事成語です。

「君子危うきに近寄らず」とは

「君子危うきに近寄らず」とは、
人格者は行動を慎むので、危険なところには近づかないものだ」という意味です。「君子」は一般的には人格者を指しますが「高位高官の人」という意味も含まれています。

ちなみに出典となった「春秋公羊伝」には、「君子危うきに近寄らず」ではなく「君子は刑人に近寄らず」と書かれています。

会社を経営していると、様々な誘惑があります。

例えば、怪しげな商品やサービスの営業だったり、投資話だったり、経営を放置したくなるような遊びだったり、色々です。

そんな時、自分の過去の経験に照らし合わせて取捨選択を行い、怪しかったり危険な話や人には、決して近づかないことが大切です。興味本位であっても会って話を聞くことは時間の無駄ですし、良からぬことを考える人と一種にいることで、他の人から変に勘ぐられるのも嫌なものです。

そういった意味では「君子危うきに近寄らず」という言葉は、経営者にとって大切な格言の一つと言えるでしょう。

 

人生に役立つ言葉を見てみよう・・・

役立つ用語集「故事成語・ことわざ」を見てみる

ページ上部へ戻る