唇歯輔車(しんしほしゃ)

故事成語

唇歯輔車(しんしほしゃ)

唇歯輔車(しんしほしゃ)

古来より、人は自らの教訓を言葉で残し、古人の知恵や経験を「故事成語・ことわざ」として現代に伝えてきました。

その中から、時を超えて、人生に様々な示唆を与えてくれる「故事成語・ことわざ」を独断と偏見で選んでみました。きっとビジネスだけでなく、人生においても参考になるでしょう。

今回選んだのは、

「唇歯輔車(しんしほしゃ)」

という中国の古書「春秋 左氏伝」が出典の故事成語です。

「唇歯輔車(しんしほしゃ)」とは

「唇歯輔車」とは、
一方が滅びると、他の一方も危うくなるような持ちつ持たれつの関係」のことです。「唇歯」とは文字通り「唇と歯」、「輔車」とは「頬骨と下顎骨」を指します。

ちなみに出典となった「春秋左氏伝」の一節を見てみると、

晋侯、復た道を虞に假りて以て虢を伐つ。
宮之奇、諫めて曰く、
虢は虞の表なり。
虢亡ぶれば、虞必ず之に従はん。
晋に啓く可からず。
一に之甚だしと謂ふに、其れ再びする可けんや。
諺に所謂、輔車相依り、唇亡びて歯寒しとは、其れ虞・虢の之を謂ふなり、と。

となりますが、現代文に訳すなら、

晋が虢を討つ為に虞の領内を通らせて欲しいと依頼してきました。 これを聞いた虞公の家臣 宮之奇は、

虢は虞の表のようなものです。 虢が滅べば、虞もこれに続いて滅ぶこととなるでしょう。 晋に通過を許すべきではありません。 以前に一度、通過を許したのに、また通過を許すことは愚の骨頂と言えるでしょう。 ことわざに「輔と車は互いに助け合い、唇がなくなれば歯は寒くなる」と言います。これはまさに虞と虢の関係のことなのです。

と諌めて言いました。

といった感じになります。

ちなみにこの後、虞公は家臣の諌めを聞かず、領内への晋の通過を許すのですが、晋は虢を滅ぼした後、虞も一気に滅ぼしてしまいます。

現代のビジネスにおいて「唇歯輔車」を考えるなら、例えば、不採算事業の閉鎖を検討する場合がそれに該当します。不採算事業を無くした結果、好調だった事業が悪化してしまうのはよくあることですから、負債採算事業といえども安易に処分せず、関連性の高い他事業がないかを十分に分析しておくべきです。

 

人生に役立つ言葉を見てみよう・・・

役立つ用語集「故事成語・ことわざ」を見てみる

スポンサーリンク

ランチェスター戦略から学ぶ

  1. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    ランチェスター戦略とは ほとんどの産業においては、数社のトップ企業がシェアのほとんどを分け合い…
  2. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    局地戦〜ランチェスター戦略 ビジネスで成功したいという思いは、ビジネスマンであれば誰でも抱いて…
  3. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    弱者の戦略〜ランチェスター戦略 経営戦略や事業戦略を策定する場合には、自社の立場や強み弱みを認…
  4. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    接近戦〜ランチェスター戦略 ランチェスター戦略は強者にも弱者にも当てはまる汎用性の高い戦略です…

戦いの勝因敗因から学ぶ

  1. 第二次長州征伐|長州藩の勝因と幕府軍の敗因
    第二次長州征伐 長州藩の勝因 第二次長州征伐とは、徳川幕府が長州藩の討伐に乗り出した江戸時代後…
  2. 桶狭間の戦い|勝因・敗因
    桶狭間の戦い 今川義元の敗因 桶狭間の戦いは、1560年6月12日に行われた今川義元軍と織田信…
  3. 奉天会戦|勝因・敗因
    奉天会戦 日本軍の勝因 奉天会戦は日露戦争における最後であり最大の会戦です。 大日本帝国…
  4. マラトンの戦い
    マラトンの戦い ギリシャ連合軍の勝因 今を遡ること2500年以上前、紀元前490年9月12日。…
  5. 官渡の戦い|勝因・敗因
    官渡の戦い 袁紹軍の敗因 官渡の戦いは、西暦200年の三国時代に起こった圧倒的な大軍を抱える袁…

孫子の兵法から学ぶ

  1. 孫子の兵法
    戦いは正を以って合い、奇を以って勝つ 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書…
  2. 孫子の兵法
    兵は拙速を聞くも、未だ功の久しきをみざる 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武…
  3. 孫子の兵法
    彼を知り己を知れば百戦危うからず 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた…
  4. 孫子の兵法
    勝つべからざる者は守なり 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵法書で…
  5. 孫子の兵法
    善く戦うものは、勝ち易きに勝つ者なり 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書…
ページ上部へ戻る