四面楚歌(しめんそか)

故事成語

四面楚歌(しめんそか)

四面楚歌(しめんそか)

古来より、人は自らの教訓を言葉で残し、古人の知恵や経験を「故事成語・ことわざ」として現代に伝えてきました。

その中から、時を超えて、人生に様々な示唆を与えてくれる「故事成語・ことわざ」を独断と偏見で選んでみました。きっとビジネスだけでなく、人生においても参考になるでしょう。

今回選んだのは、

四面楚歌(しめんそか)

という中国の有名な古書「史記」が出典の故事成語です。

「四面楚歌(しめんそか)」とは

「四面楚歌(しめんそか)」とは、
項羽と劉邦の最後の戦いにちなんだ言葉で「敵対する人に囲まれて孤立していることやその状態」を指します。

では、出典となった「史記」の一節を見てみましょう。

項王の軍垓下に壁す。兵少なく食尽く。漢軍及び諸侯の兵、之を囲むこと数重なり。

夜漢軍の四面皆楚歌するを聞き、項王乃ち大いに驚きて曰く「漢皆已に楚を得たるか。是れ何ぞ楚人の多きや。」と。

項王則ち夜起ちて帳中に飲す。美人有り、名は虞。常に幸せられて従ふ。駿馬あり、名は騅。常に之に騎る。

是に於いて、項王乃ち悲歌忼慨し、自ら詩を為りて曰く、

力は山を抜き気は世を蓋ふ
時利あらず騅逝かず
騅逝かざる奈何すべき
虞や虞や若を奈何せん、と。

歌ふこと数闋、美人之に和す。項王泣数行下る。左右皆泣き、能く仰ぎ視るもの莫し。

とあり、現代文に訳すなら、

項王の軍は垓下の城壁にたてこもった。兵士は少なく食料も尽きた。漢軍と諸侯の兵士が幾重にもこれを取り囲んだ。

夜、取り囲んだ敵軍が楚の国の歌を歌うのを聞き、項王は大変驚いてこう言った。「漢はすっかりもう楚を収めたのだろうか。なんと楚の国の人の多いことか」と。

項王は夜中起き上がり、陣中で宴をした。虞という名前の美人がいた。常に項王に寵愛され付き従っていた。騅という名の駿馬がいた。いつも項王はこの馬に乗っていた。

項王は悲しげに歌い、憤り嘆いて、自ら詩を作った。

我が力は山をも引き抜き、我が気はこの世をも覆う。時の運は自分に味方せず、駿馬である騅も疲れ果てて走れない。騅が走らないのを、どうしたらよいのだ。虞よ虞よ、君をどうしたらよいのだ。

と数回繰り返して歌い、虞もともに歌った。項王ははらはらと涙を流した。近習たちも皆泣き、誰も顔を上げることができなかった。

以上が「四面楚歌」にまつわる文章です。

私は漢文や漢詩のことはよくわかりませんが、絶望、愛、気力が衰えて諦めになっていく感情が映像として浮かんでくる名文だと思います。

 

人生に役立つ言葉を見てみよう・・・

役立つ用語集「故事成語・ことわざ」を見てみる

ランチェスター戦略から学ぶ

  1. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    局地戦〜ランチェスター戦略 ビジネスで成功したいという思いは、ビジネスマンであれば誰でも抱いて…
  2. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    接近戦〜ランチェスター戦略 ランチェスター戦略は強者にも弱者にも当てはまる汎用性の高い戦略です…
  3. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    ランチェスターの第一法則 ランチェスターの第一法則とは一騎打ちの法則とも呼ばれるものであり、最…
  4. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    弱者の戦略〜ランチェスター戦略 経営戦略や事業戦略を策定する場合には、自社の立場や強み弱みを認…

戦いの勝因敗因から学ぶ

  1. 木崎原の戦い
    木崎原の戦い 島津軍の勝因 木崎原の戦いは、1572年6月14日に南九州で起きた島津氏と伊東氏…
  2. 西南戦争|勝因・敗因
    西南戦争 西郷隆盛の敗因 西南戦争とは、1877年に薩摩士族が起こした大規模な反乱です。薩摩士…
  3. 三方ヶ原の戦い|高田信玄の勝因と織田・徳川軍の敗因
    三方ヶ原の戦い 徳川・織田軍の敗因 三方ヶ原の戦いとは、1573年に遠江国(現在の静岡県)で起…
  4. トラファルガーの海戦|イギリス海軍の勝因とフランス・スペイン連合艦隊の敗因
    トラファルガーの海戦 スペイン・フランス連合艦隊の敗因 トラファルガーの海戦は、1805年にス…
  5. ゲティスバーグの戦い|勝因・敗因
    ゲティスバーグの戦い 北軍の勝因 ゲティスバーグの戦いとは、1836年7月1日から7月3日に起…

孫子の兵法から学ぶ

  1. 孫子の兵法
    算多きは勝ち、算少なきは勝たず 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵…
  2. 孫子の兵法
    戦いは正を以って合い、奇を以って勝つ 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書…
  3. 孫子の兵法
    上兵は謀を伐つ 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵法書です。 …
  4. 孫子の兵法
    善く戦うものは、勝ち易きに勝つ者なり 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書…
  5. 孫子の兵法
    勝つべからざる者は守なり 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵法書で…
ページ上部へ戻る