地域雇用開発助成金とは?地域雇用開発助成金とは、地方など雇用機会が特に少ない地域で雇用を創出して、雇用を維持する目的で事業主に支給される助成金です。新たに事業を始める場合には、補助金額が上乗せされます。

地域雇用開発助成金を受給するためには、いくつかの要件を満たさなければなりません。

地域雇用開発助成金を受給するための要件とは、まず雇用保険が適用される事業所において、事業所を設置または整備する前にその地域を管轄する都道府県労働局長に計画書を提出しなければなりません。次に、地域の雇用構造の改善が認められる必要があり、ハローワークなどに、地元の求職者を雇い入れて、労働者の職場定着を図る必要があります。最後に、事業所の被保険者数が増加していて、労働者を解雇など事業者の都合で離職させていないことが求められます。

地域雇用開発助成金を受給するためには、新たに労働者を雇い入れて、雇用を続けることが求められます。

受給額は、事業所を設置または整備するのに要した費用と、新たに雇用した労働者の人数によって細かく決められています。助成金を受け取ることができる最低要件は、事業所の設置・整備費用として300万円以上(1点あたり20万円以上)をかけた場合で、新たに雇い入れる労働者の人数が3人であれば50万円が助成されます。助成金は、最長で18ヶ月間受給することができます。

事業所の設置・整備費用の範囲は300万円~1000万円、1000万円~3000万円、3000万円~5000万円、5000万円以上で区分されています。雇い入れた労働者の人数は、3~4人、5~9人、10~19人、20人以上で区分されています。最高受給額は800万円で、事業所(工場や作業場)を整備するために5000万円以上をかけ、地元の人を新たに20人以上雇い入れた場合に適用されます。

例えば、助成金の対象地域において500万円をかけて作業場または工場を整備して地元の人を新たに5人雇い入れたら、80万円が支給されます。

新たに創業をする場合には雇い入れる労働者の最低人数が2人で、受給額が50%上乗せされます。例えば、300万円以上の費用をかけて新たに企業を行い、2人の労働者を雇い入れた場合には、75万円(50万円+25万円)が支給されます。

地域雇用開発助成金が支給されるのは同意雇用開発促進地域または過疎等雇用改善地域に限られています。適用される地域の一覧は厚生労働省の公式サイトなどで確認することができます。

御社でも受給可能な助成金があるかも・・・

雇用に伴う助成金一覧を見てみる

ページ上部へ戻る