徳川家康の名言・格言

偉人の名言・格言

徳川家康の名言・格言

徳川家康の名言・格言

古来より、人は自らの教訓を言葉で残し、「名言・格言」として伝わってきました。

その中から、時を超えて現代においても、人生に様々な示唆を与えてくれる「名言・格言」を独断と偏見で選んでみました。きっとビジネスだけでなく、人生においても参考になるでしょう。

今回は、徳川家康の名言・格言をまとめてみます。

徳川家康(1543年1月31日〜1616年6月1日:享年73歳)は言わずと知れた戦国大名の一人で、江戸幕府を開いた天下人です。今川・織田・豊臣家に仕えた苦労人らしく、数多くの名言・格言を残しています。

今回は、その中から、現代でも役立つ徳川家康の名言・格言をピックアップしてみました。

徳川家康の名言・格言

人の一生は、重き荷を負うて遠き道をゆくがごとし。いそぐべからず。

得意絶頂のときこそ、隙ができることを知れ。

勝つことばかり知りて、負くること知らざれば、害その身に至る。

人は負けることを知りて、人より勝れり。

己を責めて、人を責むるな。

人を知らんと欲せば、我が心の正直を基として、人の心底を能く察すべし。言と形とに迷ふべからず。

われ志を得ざるとき、忍耐この二字を守れり。われ志を得んとするとき、大胆不敵この四字を守れり。われ志を得てのち油断大敵この四字を守れり。

願いが正しければ、時至れば必ず成就する。

不自由を、常と思えば、不足なし。心に望み起こらば、困窮したるときを思い出すべし。

およそ人の上に立って下のいさめを聞かざる者の、国を失い、家を破らざるは、古今とも、これなし。

宝の中の宝といふは人材にしくはなし。

 
今回は、徳川家康の名言・格言をご紹介しましたが、皆さんの心に響く名言・格言はありましたか?偉人たちが試行錯誤し、彼らの人生が凝縮された名言・格言から学んで、自分たちの人生に活かせるといいですね。

偉人の名言・格言を見てみよう・・・

偉人の「名言・格言」を見てみる

ページ上部へ戻る