意気揚揚(いきようよう)

故事成語

意気揚揚(いきようよう)

意気揚揚(いきようよう)

古来より、人は自らの教訓を言葉で残し、古人の知恵や経験を「故事成語・ことわざ」として現代に伝えてきました。

その中から、時を超えて、人生に様々な示唆を与えてくれる「故事成語・ことわざ」を独断と偏見で選んでみました。きっとビジネスだけでなく、人生においても参考になるでしょう。

今回選んだのは、

意気揚揚(いきようよう)

という中国の有名な古書「史記」が出典の故事成語です。

「意気揚揚(いきようよう)」とは

「意気揚揚(いきようよう)」とは、
「威勢が良く、誇らしげに振る舞う様子」を指します。「意気揚揚」は「意気揚々」とも書くこともあります。

では、出典となった「史記」の一節を見てみましょう。

晏子斉の相と為る。出づるに、其の御の妻、門間よりして其の夫を闚ふ。

其の夫相の御と為り、大蓋を擁し、駟馬に策ち、意気揚揚として甚だ自得するなり。

既にして帰るや、其の妻去らんことを請ふ。

とあり、現代文に訳すなら、

晏子は斉の宰相だった時に外出した。晏子の御者の妻が、門の間から夫の姿をうかがっていた。

その夫は、晏子の御者として、大きな日よけを車に付け、四頭の馬に鞭をあてながら、威勢良く誇らしげに振る舞っていた。

やがて夫が外出先から帰って来ると、妻は「離婚をしたい」と夫に願い出た。

といった感じになります。

立派な体格にもかかわらず、御者の身分に甘んじて誇らしげにしている夫の姿を見て、妻は離婚を申し出たのですが、夫はその後、改心して謙虚な態度に改めたそうです。

自信に満ち溢れ「意気揚揚」な態度で振る舞うだけでなく、人に接する時は謙虚さは大事にしたいものです。謙虚に振る舞うことは、きっとあなたを助けてくれると思います。

 

人生に役立つ言葉を見てみよう・・・

役立つ用語集「故事成語・ことわざ」を見てみる

スポンサーリンク

今なら好条件で転職できます♪

ランチェスター戦略から学ぶ

  1. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    弱者の戦略〜ランチェスター戦略 経営戦略や事業戦略を策定する場合には、自社の立場や強み弱みを認…
  2. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    ランチェスターの第一法則 ランチェスターの第一法則とは一騎打ちの法則とも呼ばれるものであり、最…
  3. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    接近戦〜ランチェスター戦略 ランチェスター戦略は強者にも弱者にも当てはまる汎用性の高い戦略です…
  4. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    ランチェスター戦略とは ほとんどの産業においては、数社のトップ企業がシェアのほとんどを分け合い…

戦いの勝因敗因から学ぶ

  1. 西南戦争|勝因・敗因
    西南戦争 西郷隆盛の敗因 西南戦争とは、1877年に薩摩士族が起こした大規模な反乱です。薩摩士…
  2. アウステルリッツの戦い|勝因・敗因
    アウステルリッツの戦い ナポレオン軍の勝因 アウステルリッツの戦いとは、1805年12月2日に…
  3. 三方ヶ原の戦い|高田信玄の勝因と織田・徳川軍の敗因
    三方ヶ原の戦い 徳川・織田軍の敗因 三方ヶ原の戦いとは、1573年に遠江国(現在の静岡県)で起…
  4. 桶狭間の戦い|勝因・敗因
    桶狭間の戦い 今川義元の敗因 桶狭間の戦いは、1560年6月12日に行われた今川義元軍と織田信…
  5. 井陘の戦い(せいけいの戦い)|韓信の勝因と趙軍の敗因
    井陘の戦い(せいけいの戦い)勝因と敗因 井陘の戦い(せいけいの戦い)とは、紀元前204年10月…

孫子の兵法から学ぶ

  1. 孫子の兵法
    上兵は謀を伐つ 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵法書です。 …
  2. 孫子の兵法
    善く戦うものは、勝ち易きに勝つ者なり 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書…
  3. 孫子の兵法
    孫子の七計 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵法書です。 そ…
  4. 孫子の兵法
    孫子の五事 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵法書です。 そ…
  5. 孫子の兵法
    百戦百勝は善の善なるものに非ず 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵…
ページ上部へ戻る