抛磚引玉 〜 兵法三十六計

兵法三十六計

抛磚引玉 〜 兵法三十六計

抛磚引玉(ほうせんいんぎょく)〜 兵法三十六計

兵法三十六計とは、中国の三国時代以降に生まれた兵法書で、宋の名将 檀道済がまとめたと言われています。

そして「兵法三十六計」に書かれた故事や教訓は、単なる兵法ではなく処世術としても活用され、広く知られるようになっています。そういった意味では「兵法三十六計」を知ることで、現代の人たちにとっても人生の参考になるのではないでしょうか。

今回選んだのは、兵法三十六計の第十七計

「抛磚引玉(ほうせんいんぎょく)」

です。

「抛磚引玉(ほうせんいんぎょく)」とは

「抛磚引玉(ほうせんいんぎょく)」とは、
価値の低いものを囮にして、相手をおびき寄せる」計略のことです。「磚」とはレンガ、「玉」とは宝石のことで、レンガを投げて宝石を手に入れるという意味となり、「海老で鯛を釣る」と同義語になります。

「抛磚引玉」を現代のビジネスシーンで考えてみましょう。

価値の低いものを “囮” にして、より価値の高いものを手に入れることは一見すると簡単そうに思えますが、「抛磚引玉」を成功させるには、相手に価値の低いものを価値あるもののように信じ込ませる必要があり、うまく実践するのは高度な戦略です。

「抛磚引玉」の例としては、例えばテレフォンショッピングの商品のように「今なら●●も付いてお値段変わらず!」といった感じで、消費者に対し、自社にとって負担にならないような商品やサービスを無料で付けてキャンペーン販売することが考えられます。

ただこの手法もやり過ぎると、5年近くキャンペーンを続けて「有利誤認」で行政処分&業務停止処分を受けたアディーレ法律事務所のようになりかねませんが、一定度効果がある集客手法でもあります。

【関連記事:アディーレ業務停止処分〜景表法違反

お客様に事実を誤認させるのではなく、お客様にも自社にもメリットが作り出せる施策であれば、広告の仕方には気を付けつつ上手く活用したいものです。

 

兵法三十六計を人生に活用しよう・・・

兵法三十六計」一覧を見てみる

スポンサーリンク

今なら好条件で転職できます♪

ランチェスター戦略から学ぶ

  1. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    局地戦〜ランチェスター戦略 ビジネスで成功したいという思いは、ビジネスマンであれば誰でも抱いて…
  2. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    ランチェスター戦略とは ほとんどの産業においては、数社のトップ企業がシェアのほとんどを分け合い…
  3. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    ランチェスターの第一法則 ランチェスターの第一法則とは一騎打ちの法則とも呼ばれるものであり、最…
  4. ランチェスター戦略・ランチェスターの法則
    一騎打ち〜ランチェスター戦略 ランチェスター戦略において弱者が強者を打ち破る方法の一つとされる…

戦いの勝因敗因から学ぶ

  1. 奉天会戦|勝因・敗因
    奉天会戦 日本軍の勝因 奉天会戦は日露戦争における最後であり最大の会戦です。 大日本帝国…
  2. 鳥羽伏見の戦い|勝因・敗因
    鳥羽伏見の戦い 旧幕府軍の敗因 鳥羽伏見の戦いとは、新政府軍が勝利して、旧幕府軍が敗退すること…
  3. 姉川の戦い|織田信長の勝因と浅井氏朝倉氏の敗因
    姉川の戦い 勝因と敗因 1570年に起きた姉川の戦いでは、織田信長、徳川家康の連合軍が、浅井長…
  4. 関ヶ原の戦い|勝因・敗因
    関ヶ原の戦い 東軍の勝因 関ヶ原の戦いとは、1600年10月21日に現在の岐阜県関ヶ原町で行わ…
  5. 第二次長州征伐|長州藩の勝因と幕府軍の敗因
    第二次長州征伐 長州藩の勝因 第二次長州征伐とは、徳川幕府が長州藩の討伐に乗り出した江戸時代後…

孫子の兵法から学ぶ

  1. 孫子の兵法
    上兵は謀を伐つ 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵法書です。 …
  2. 孫子の兵法
    彼を知り己を知れば百戦危うからず 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた…
  3. 孫子の兵法
    善く戦うものは、勝ち易きに勝つ者なり 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書…
  4. 孫子の兵法
    孫子の五事 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵法書です。 そ…
  5. 孫子の兵法
    算多きは勝ち、算少なきは勝たず 「孫子」は、二千数百年前の弱肉強食の時代に生きた孫武が書いた兵…
ページ上部へ戻る